カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

・ものづくりの喜び求め 地域との関わりを大切に

* 昨年、大阪府から神山町へIターンで移住し、研修生として農業に取り組む松本直也さん。「縁もゆかりもない地へ移住するということもあり、何度も何度も家族会議を開きました。また、近くの県の農家さんを何軒も訪ね、農業に対する家族の理解を得ていったんです」
* 前職で商品開発に携わっていた松本さんは、ものづくりの現場から次第に離れていってしまうことに寂しさを感じていたという。「自分が本当にやりたいのは、自分の手でものをつくり、それをエンドユーザーへ直接届けること。それを実感できるのは農業しかない」と就農を決意した。
* 「株式会社フードハブ・プロジェクト(神山町神領)の農業研修生募集のサイトを妻が見つけて勧めてくれたのが、今回の移住のきっかけになりました」
* 移住すると決めた時に、もう一つ決めていたことがある。地域コミュニティーとの関わりを大切にすることだ。地域の祭りや催しに参加し、地域の人と関わりを持つことで、相談ができる友人もできた。今では「周りの方がみんな親切なので、苦労は特にありません」と笑顔を見せる。
* 同町では今まで約240人が移住し、移住者たちを受け入れる土壌が育ってきているようだ。
* 松本さんは移住する前から徳島に興味を持っていたという。「四国は気候も良く、野菜栽培に向いており、徳島産野菜の評判は市場でもすごくいい」
* 来年には2年間の研修が終了し、そのまま同町で就農する。現在も取り組んでいるナスなど野菜の露地栽培から始める予定だ。
* 人生の新たなスタートを切った松本さん。自分の作った野菜で笑顔になってくれる人をいっぱいにするため、今日も汗を流している。

****写真説明=フードハブ・プロジェクトの圃場でナスを栽培する松本さん

 

 

 

 

 

・産直市への出荷を励みに 反響がすぐ分かる楽しさ

〈輝く女性たち〉 杉友 節子さん / 徳島県吉野川市山川町

*地元スーパーの産直市にキュウリやナスなどを出荷する杉友節子さんは、1人で管理できる範囲でのハウスで、丁寧な栽培を心がけている。
◆    ◆
* *――産直市の手応えは?
* 産直市では値段や出荷する地域を自分で選べ、少ない量からでも気軽に取引ができます。また、商品の売れ行きなどをスマートフォンで数時間おきに確認することもでき、反響をすぐに受け取ることができるところも楽しく、やりがいにつながります。商品には生産者の名前も載るので、買う人に喜ばれるようなおいしく新鮮な野菜を作るよう心がけています。
* ――野菜作りで苦労されていることは?
* 今年は今まで経験したことのないほどのダニ被害にあいました。先に作っていたトウモロコシからキュウリにまで広がってしまったときは、葉を全部落としてしまおうかと思ったこともありました。調べたり詳しい人に聞いたりと試行錯誤を重ね、やっと落ち着き、今年も無事収穫することができました。
* ――活力となっていることは?
* 5年間通い続けている童謡ですね。楽しみがあるので、大変な作業も乗り越えていくことができます。また、何事も還元することが大切だと思い、自分が育てた野菜をメンバーにプレゼントすることもあります。「こんなにきれいな野菜が作れるの!」という言葉を聞くと、自分もうれしく仕事を頑張る活力になりますね。
* ――これからの目標は?
* 新しい作物を始めることは考えていません。その代わり、今あるものの管理や今までの経験を大切にこれからも続けていこうと思っています。

写真説明=「君たち頑張りなよ、私ももっと闘うから」とキュウリに声をかける杉友さん

 

 

ストレスなく目いっぱい食べて最大限成長する配合飼料  肥育期間大幅に短縮

徳島県勝浦町 原田 茂さん   繁殖・肥育牛700頭

*均一化で事故低減にも
* 「不安定要素が多いこれからの畜産を考えると、ざっくり言えば販売価格を上げるか、適正価格でも肥育コストを下げるかどちらかだと思いました」と原田さん。まず販売価格を上げる努力をしていったものの、思いのほか差益が少なく、このやり方では将来性を見いだせないと判断した。
* そのため早期出荷を目指し試行錯誤を重ねたが、これを実現する上で課題となる個体ごとの成長差の解消も一朝一夕には成し得ない。最終的に飼料メーカーへ独自配合の飼料を発注し、牛の体調に合わせて飼料の量を変えるなど、細かな配慮を繰り返し均一化を進めた結果、肥育期間の短縮だけではなく、事故低減にもつながっていった。
* 原田さんは「早期出荷を実現する以前に、消費者の方、特に子どもや女性に評価される肉を作りたかった。それに加えての早期出荷。道のりは厳しかったですよ」と振り返る。
* 「脂には甘味、赤身にはうま味が出るようにしました。しかし、そんな餌でも牛本来の成長に負担をかけてはいけない。私の感覚では、一般的な配合飼料は『牛にとって重い』気がして、牛がストレスなく目いっぱい食べて、最大限成長してくれるような配合飼料と飼育方法を目指したんです」
*日常作業の手間を削減
* 原田さんの飼養頭数は、繁殖牛が黒毛和種約100頭、F1約10頭、肥育牛が黒毛和種約130頭、F1約440頭。約700頭をほぼ1人で飼育するが、一般的な1人当たり飼育頭数と比べると桁外れに多い。省力化するため自動給餌機や大型機械の導入、日常作業では人が動く手間をできるだけ削減することにも努めている。
* 「早期出荷は、飼料コストの削減のほか、肥育結果が早く分かることで飼育方法への反映が早くなるなど、かなりのメリットがありますが、それだけではまだ経営を安定させにくい。肥育技術や畜産に関わるすべての環境も含めて、自分が今していることがどこにつながっていくか、どういったビジョンを持って進んでいるかを常に考えながら経営をしていく必要があります」と話してくれた。

写真説明=出荷目前となった和牛と原田さん

 

 

〈収入保険 私の選択〉

徳島県上板町  日下 和芳さん
* 夫婦二人三脚でタバコ、柿、水稲、ブロッコリーを手がけています。以前は洋ランを栽培していましたが、燃油の高騰で採算が取りにくくなり、思い切って露地栽培の作物に切り替えることを決めました。
* 機械化が可能な部分は機械に任せて労働力を下げ、いかにして品質改善に力を注げるかを心がけ生産しています。
* 良品質のものが作れていると自信を持って野菜作りをしていますが、景気の良い話ばかりではありません。約15年前には、降ひょうでタバコが大打撃を受け、周辺でも皆無状態が続出し、うちもかなりの被害を受けました。
* そのほかにも、放棄地の増加などでサルの出没エリアが変わり、柿や水稲が食べ散らかされる被害を受けるようになりました。
* 上板の名産品でもある柿は、皆ほぼ個人出荷で補償制度は無く、野菜にしても出荷できて初めて対象となる制度が多いです。
* 近年の風水害のように、圃場そのものが被害にあった場合は廃業せざるを得なくなるため、さまざまなリスクに備えておく必要があると思い、収入保険への加入を決めました。
* もっと以前から収入保険があったとしたら、絶対入っていたと思います。単価が下がり、こんなに手間暇かけて作る意味があるのか自問しながら野菜作りをしたこともありました。急な病気で作業がままならなくなることも、努力だけでどうにもできない要因でうまくいかなくなることもあります。
* 思い切って作物を替えたときも不安がないわけではありませんでしたが、万が一のときに1年しのげるだけの補償があると思えば気持ちが楽になります。
* 早朝から遅くまで、シーズンは休みもなく作業をすることがあるのが農業。働きに見合った単価を確保して、生活を安定させられるようになり、築いてきたノウハウ・知恵を子どもの世代にも安心して伝えられるとなれば、みんなもっと後継者に農業を勧めて託していけると思います。

 

 

 

 

 

・WCS用稲30㌶栽培 良質の夏作飼料確保

- 上板町のJA板野郡高志支所自給飼料生産組合では、酪農家を含む20軒ほどの農家がグループになり、発酵粗飼料(WCS)用の稲を約30㌶栽培する。
- 同組合でオペレーターを10年以上務める鈴田勇治さん(乳牛40頭、WCS200㌃)は「牧草の夏作は良質のものが作りにくいこともあり、2002年ころからWCS栽培に切り替えました。ロールが損傷しないよう気を配り、カビ対策も必要ですが、生産量の目安が立てやすくなってきました」と話す。
 –同組合ではWCS専用品種だけではなく、「コシヒカリ」や「キヌヒカリ」などの主食用品種も飼料にしている。また、刈り取り前と刈り取り後の圃場、ロールの出来高などをデジタルカメラで撮影し一元管理しているという。
鈴田さんは「担い手が少なくなっていく中、面積を減らすことなくできている。放棄地をつくらないようにするということで地域の役に立てたらと思う。あとは、後継者になりたいという人ができたらもっとうれしいなぁ」と笑顔で話してくれた。

写真説明=「できれば面積も増やしていきたい」と鈴田さん

 

 

 

 

 

・近隣農家からも仕入れ直営レストラン 水耕野菜で事業拡大へ

藍住町で水耕栽培の野菜を生産する株式会社カネイファーム代表取締役社長・矢野正英さんは、ホテルでシェフをしていた中村豪起さんとの出会いをきっかけに、レストラン「農園直営旬感ダイニング・アクリエ」を2016年に開店した。「サラリーマンから就農する際、実家のナシ畑を水耕栽培ハウスに変え、今では1・4㌶。若い社員を育成しながら、約20種のレタスなど葉物野菜を栽培してきた。今年は新設した小規模ハウスで、暖房機なしで育つ果菜類を探求し、来年以降は本格的に果菜類の水耕栽培にもチャレンジしていきたい」と事業拡大に意欲をみせる。
◆弁当は月千個の注文
- 矢野さんとアクリエシェフマネージャーを務める中村さんとの出会いは、中村さんがシェフをしていたホテルだった。矢野さんが野菜の納品業者として出入りしており、「婚礼用にこんな野菜がほしいなどというと用意してくれて助かっていました」と中村さん。以来交流を続け、中村さんが独立しようとしたとき、自社作物や地元の野菜をふんだんに使った飲食店を、信用できる人と手掛けたいという矢野さんの思いが重なり、開店するに至った。
◆料理が販路獲得に
- 野菜は、カネイファームの作物をはじめ、近隣の農家10軒ほどからも仕入れている。中村さんは農家まで野菜の仕入れに行き、現場で話すことを大切にしているという。「変わった野菜を仕入れることで食べ方の提案ができるようにしています」。矢野さんは「実際の料理をバイヤーにアピールすることで農家の販路にもつながるんですよ」と話す。
- アクリエでは、既製品をなるべく使わず、手をかけて作っているため、現在のランチは月一度メニューを変えるコースだけ。少量多品目の野菜を使うための手立てでもある。その1カ月間は安定して供給してもらえる野菜でないと使えないので、頻繁に連絡をとることでメニュー作りに役立てているという。
- 開店してから1、2年は経営的に厳しく、既定路線が何もないところから飲食店を続ける難しさを思い知った。軌道に乗るきっかけになったのが弁当だ。
 「野菜をふんだんに使った出来たてのお弁当ということで、健康志向の方から評価をいただいています。最初は月40個から始まり、口コミで増えて、今は月千個ほど注文があります」と中村さん。「将来的には、コース料理などに特化した珍しい野菜の創作料理を提供できる店舗と、もう少しカジュアルに野菜を食べてもらえる店舗を展開していきたいですね」と話している。
 ▽農園直営旬感ダイニング・アクリエ(藍住町奥野和田119の1、電話088・678・2253)

写真説明1=水耕栽培の様子が見られる店内。「今年は狩猟免許を取得したので、ジビエにも取り組みたいです」と中村さん㊨。「安心して使えるものと、とがったものとを提案するようにしています」と矢野さん
写真説明2=野菜があふれるアクリエのグリーンサラダ

・〈特集〉収入保険 私の選択

- 収入保険は、自然災害での収量減少や市場価格の低下、けがや病気で作業休止、取引先の倒産など、農業者が抱えるあらゆるリスクをカバーします。保険期間は1年です(個人経営体は1~12月、法人経営体は事業年度)。今号では、収入保険に加入した農業者に、選択した背景などを聞きました。

●チャレンジの下支えに
徳島県阿南市  須見 綾仁さん
- 2015年に就農し、ケイトウ栽培を始めて4年目です。夏場はケイトウ、秋冬は菜の花やシャクヤクなどを栽培しています。
 花には経営をサポートするような制度がなく、セーフティーネットの必要性を常に考えていたため、収入保険制度が始まると知ったときは、すぐに入ろうと思いました。待ち望んでいた制度なので、加入に迷うことはなかったです。
 ケイトウは露地栽培のため、設備投資は安いけれど安定していない品目です。台風など自然災害のリスクが大きく、毎年の気象条件などが異なる中で一つの作物を作るのは苦労があり、失敗の繰り返しでした。
- 出荷は7月から10月までで、夏場は台風による強風が心配ですが、最近ようやく強風対策が分かってきました。8月の台風10号での傷みや折れの被害はなかったものの、6、7月の長雨による影響が大きく、低温への対策ができなかったのが今後の課題です。
 ケイトウの市場価格は不安定で、今日は100円でも明日は0円という極端なことがあり、市場が必要とする時期に合わせて種をまいて出荷にあてることが難しいですね。
●リスクはつきもの
 お盆やお彼岸の花としてケイトウは使われます。形がいろいろで、赤やオレンジ、ピンク、紫など数種類を栽培しているので、多様な使い方を提案し、ニーズに応えられるよう規模を拡大したいです。
- また、将来はハウス栽培に取り組み、作物の幅を広げ売れるものを選んで栽培したり、今までにない変わったものを作ってみたりしたいとも考えています。
 農業で身を立てることが第一なので売り上げアップが目標です。「私は○○農家」というこだわりを持たず、いろんなことにチャレンジする経営を目指します。チャレンジにリスクはつきものですが、その下支えになるのが収入保険だと思います。
- ▽花1・4㌶(ケイトウ、菜の花、シャクヤク)

 

 

 

 

 

・マコモダケ 産直市で好評 田んぼ跡地を有効利用

東みよし町で水稲50㌃、野菜10㌃を栽培する山内幸夫さんは、同町滝下地区で数年前からマコモダケを栽培している。田んぼ跡地の有効利用を考えていたところ、知人からマコモダケの存在を教えてもらい、株を分けてもらったのが栽培を始めたきっかけだ。
 マコモダケはイネ科の多年草で、姿は稲に似ているが、成長すると人の背よりも高く育ち、肥大した茎を食材として利用する。
 山内さんは現在2㌃で栽培。最初の数年間は茎が小さいまま黒く変色するなどうまくいかず、県の支援センターから資料をもらったり、他県の栽培農家に尋ねたりして原因を探したが、なかなか判明しなかった。「始めたからにはものにしてやろう」と試行錯誤を重ね、株の系統を変えたところうまく栽培できるようになったという。
 現在は地元の直産市などで販売し、独特の歯応えがある食感が好評だという。「反響が出始めたことがうれしい」と山内さん。「まだ知名度が低いので、口コミで評判が広まり、消費者や栽培農家が増えてほしいですね」と話している。

写真説明=「多年草ですが、いいものを取るために毎年植え替えをしているんですよ」と山内さん

 

 

 

 

 

 

 

台風10号 園芸施設、水稲に被害

- 15日に高知県・愛媛県の西方を北上した台風10号で、四国各県の園芸施設や水稲に被害が発生した。各県のNOSAI団体では、被害申告に対し迅速に対応し、共済金の早期支払いに向け全力を挙げている。四国各県の8月19日現在の被害状況は次のとおり。
水稲=徳島県200㌶、香川県190㌶、愛媛県61㌶、高知県7㌶
園芸施設=徳島県68棟、香川県99棟、愛媛県32棟、高知県374棟

写真説明=暴風雨で倒伏した水稲(徳島市)

自慢の庭と自家産フルーツピザ 癒しの場を提供

「20年前から趣味で始めた庭づくり。自分好みですごく愛着がある庭です」と話すのは勝浦町の岩本初枝さん。庭を見ながら飲食したいという周りの要望に応え、2009年にカフェ「ガーデンタイムこのむ」をオープンした。
- 500坪の庭には四季折々の木々や花が植えられている。「お客さまに木々や花のことで相談をされることもありますし、庭を案内することも。毎日は無理でもコツコツ手入れをすることが大事ですね」と岩本さん。
 お薦めメニューは、娘の中西由美さんが石窯で焼くピザ。岩本さんは「マンゴーや自家栽培のブルーベリーを使った季節のフルーツピザです。イタリアンパセリやバジルなども自家栽培しています」と話す。
- 店内は、1カ月間無料でギャラリーとして利用できる。岩本さんは「勝浦町で開催されるイベントのついでに寄っていこうかなと思ってくださればうれしい。庭を見ながら食事をした後、散策や読書などでリフレッシュしていただける癒やしの場になれば」と話してくれた。
▽ガーデンタイムこのむ=勝浦町沼江殿光13の1、電話0885(42)1003、定休日は毎週水曜日と第3日曜日。

写真説明=「木々の手入れは私が、花は娘が担当です」と岩本さん