カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

忙しいお母さんたちを助けたい  好評の鶏肉加工品

* 土成町で鶏肉加工の有限会社「阿波食品」を2005年に設立した大塚由香さん。夫の博康さんとともに、創業10年目にはオリジナルブランド「いっちょかー」を立ち上げた。発案・企画は由香さん、試作して形にするのは博康さんが担当。「食べることは生きること。口にするものはとても大切なので、家事の時短につながるだけではなく、おいしくて体に良いものをという思いで商品企画をしています」と話す。
◆          ◆
* 「もとは家業で食鶏処理をしていましたが、継ぐ予定はありませんでした。けれども、産休中に家業を手伝い、家事・育児との両立に奔走したことをきっかけに、自家加工を続けながら時間を有効活用していこうと考え、継ぐ決意をしました」と大塚さん。
* 同社は学校給食への卸売を主としているが、新型コロナウイルスの影響で休校になり、学校給食への全販売がストップした時期があった。大塚さんは、この状況下でのチャレンジとして、工場での予約直売をスタートさせた。
* 「調理済みワンコインデリが特に好評です。家族の在宅時間が増え、自宅で食事をする機会が増えた家庭が多いと思います。そんな中、忙しいお母さんたちを助けたいと思って。大手企業さんと比べたらコストはかかるけれど、添加物を入れずおいしいものを作りたいと、味にこだわって作っています」
* 人気商品の一つ「アスリートチキン」は、国産の鶏ささみに徳島県産のユズ果汁を味付けに使用したささみバー。常温で1年間保存できるので、ローリングストックとして使用するのがお勧めだという。
* 「これからも『人を応援したい』をコンセプトに、ものづくりをしたい」と大塚さん。「SDGs(持続可能な開発目標)の考え方を知ったとき、『自分の中にあった思いが明文化されている』とうれしくなりました。地産地消で余剰配送エネルギーを減らすこと、働きがいを持って長く勤められるような職場環境をつくっていくことなどです。食品を通じて人の生活に寄り添うようなサービスを考えていきたいです」と意欲を見せる。
* 商品は同社直売所のほか阿波食ミュージアム(石井町)、インターネットでも購入できる。
** ▽阿波食品=阿波市土成町土成美緑210の1▽営業は午前9時~午後5時(水、日曜定休)**    ▽商品のネット購入=https://ichoka.com/▽問い合わせ=電話088(695)2206

写真説明1=「こんなものが欲しい、食べたいと、アイデアはどんどん湧いてくるので、話をするだけで楽しいです」と大塚さん
写真説明2=アスリートチキン

農業と子育てに家族の力

*    板野町を中心に、ニンジン10㌶とブロッコリー2㌶を栽培する三木麻里江さん。ニンジンは父・秀昭さんを中心に母・光子さん、麻里江さんの夫・健二さん、繁忙期にはアルバイトを雇い栽培している。
* 3年前、ニンジンを作っていない夏場の時間を生かしたいと思い、麻里江さんと健二さんが中心となりブロッコリー栽培にも取り組み始めた。
* 両親が営むニンジン農家の仕事を継ぐきっかけとなったのは、初めての出産と子育てに向きあったとき。育児と仕事の両立を考え、会社勤めより時間の融通がきくと思い、家業に携わることにした。
* 現在は2人目の子を妊娠中で作業*控えているが、「出産後、少しすればブロッコリーの収穫が始まる。家で詰めたりする作業なので、子供を見ながら少しずつ参加する予定。3月末からはニンジンの出荷が始まるので、それには復帰したい」と麻里江さん。家で仕事をしているので、家族の誰かが交代で子どもをみることができ、家族で育児に取り組んでいる。
* 「その年の気温や雨量によって作業する時期が変わる。毎年同じ時期に同じ作業をすればいいというわけではないので、マニュアル化できないのが難しい点」と話す。
* 今後の目標は、秀昭さんの仕事を観察し、吸収していくこと。「父は、土の状態を見てトラクターで掘る深さや爪を変えている。ほかにも数種類あるニンジンの種を場所によりまき分けている。そういった感覚的な技術を私たちが引き継げるよう、今は夫婦で勉強しています」と話してくれた。

写真説明=「休みの日には夫婦で買い物に出かけたりレゲエ音楽を聞いたりしています」と話す麻里江さんと健二さん

 

授精師の資格生かし繁殖和牛増頭に意欲

* 県南部で活躍する女性家畜人工授精師の一人、阿南市の米山ふみさんは、ホルスタインと交雑種の肥育、和牛の繁殖を家族で経営する。6年前に知人から和牛を譲り受け、繁殖の勉強をする機会ができたことから、大学時代に取得していた人工授精師の資格を生かそうと和牛の繁殖を始めた。
* 獣医師の指導の下では適正な発情の時期を、義母からは子牛の哺育技術を教わり、授精師としても独り立ちできるように勉強に日々励む。また、牛飼いに携わる全国の女性が集まる「モーモー母ちゃんの集い」に積極的に参加し、交流を深めている。
* 現在、和牛は母牛5頭、子牛6頭を飼育し、将来は母牛を30頭まで増やすことが目標。「失敗を恐れずに経験を積んで、自分の牧場に合った系統の牛の繁殖を成功させ、ほかの農家にも出向き授精をしていきたい」と話してくれた。

写真説明=昨年の全国モーモー母ちゃんの集いで1分間スピーチを発表したという米山さん

徳島の食材を生かして おむすびで街の活性化へ

* JR徳島駅前の「ポッポ街活性化プロジェクト」の一環として、NPO法人チャレンジサポーターズが運営する「むすびcafe」が今年8月にオープンした。
* マネジャーの原田大吾さんは「フリースペース兼手軽に食事ができるカフェということで、おむすびに決まるまでは、パンにしようか何にしようかと話し合いましたが、徳島産の食材をPRしたいという思いと、より生かせるものとしておむすびに決めました」と話す。
* おむすびは、米、かつお節、ゆずみそなど徳島産の素材を厳選し、常時8種類ほどを提供している。
* スタッフは県内の大学生を中心に10人ほど。それぞれの目標に応じて、デザインに興味のある人はポップやロゴなどを手掛け、カフェ経営を目指す人には経費などを学ぶ場にもなっている。
* 夕方は学生でにぎわい、原田さんは「今後は学生に楽しんでもらえるようなメニューやイベントを考え、地域の活性化に貢献したいです」と意気込んでいる。

写真説明=「近所のお店の方に『若い人が増えたね』と言われるとうれしいです」と話す原田さん(右)とスタッフの香川紘輝さん

売れ残り解消へ出荷調整  ネットやチラシで特売日に照準

* 新規就農3年目を迎える石井町の天羽達也さんは、「売れ残りは廃棄になってしまうので、ネットやチラシで店舗ごとの特売日を把握して、出荷数を店舗ごとに自分で決めています」と話す。
* 天羽さんはホウレンソウ80㌃、ジャガイモ20㌃、オクラ10㌃、水稲1㌶を栽培する。ホウレンソウの出荷は12月下旬から始まり、繁忙期の3月から5月までの3カ月間、母親と2人で収穫から出荷まで毎日こなす。主にスーパーの配送センターに直接出荷し、そこから徳島県内、関西の系列店まで新鮮な野菜を届けてもらっている。
* 就農当初、祖父から譲り受けたトラクターやコンバインは1台ずつ。今ではトラクターを3台保有するまでになったが、「思い切って会社を辞めて就農したけど、祖父がお米を作っていただけの兼業農家だったので、設備投資など初期の費用面で不安は多少ありました」と振り返る。
* 新たに来年の水稲や野菜の作付けを近隣の人から頼まれた天羽さん。地域の担い手として将来が期待されている。

写真説明=オクラの圃場で片づけの準備をする天羽さん

 

 

 

 

激辛トウガラシ生産・販売 根強いリピーター、定植増やし特産へ 地域活性の起爆剤に

*世界一辛いといわれたトウガラシ「キャロライナ・リーパー」が、阿波市土成町で生産・販売されている。その名も「AWA Devil’s pepper(アワ・デビルズペッパー)」。現在はその順位こそ譲っているものの、辛さは「ハバネロ」の約5倍と、〝悪魔的〟辛さを誇っている。生産者の森本英巳さんは「キャロライナ・リーパーは、乾燥中は少し甘い匂いがする。食べてみると、辛さの中に甘味とコクがあるが、辛さ耐性に自信がある人でなければ、辛味が強すぎて感じにくいかもしれない」と話す。
               ◆
*森本さんは千葉県で40年勤めた後、Uターンを決めた。その際、農業の経験が無い自分にも作ることができて、地元で取り組んでいる人がないようなものに挑戦したいと、激辛トウガラシに目を付けた。
*2018年秋から少しずつ栽培を始め、今年は135本の苗を定植。播種後にうまくいかず、いくつも種をだめにしてしまったこともあったという。
*「国内ではあまり生産されてなく、情報やノウハウが少ないため手探り。2年目の方が実の着きが良くなるので、一部をハウスに移して越冬させ、追植分と併せて500本定植させることが来年の目標です。デリケートで茎も弱いが、栽培していて面白い」
*実の部分すべてを加工するため、薬を使う防除は控え、一つ一つ手に取って中を割り、状態を確認してから乾燥機へ投入する。生の実から出る辛味成分は刺激が非常に強いため、肌が弱い人は防護服を着用して作業するという。うっかり素手で触ると、手を洗ってもしばらくひりつくため、万が一のことがあってはいけないと、すべて森本さん1人で作業する。
*収穫期は7~9月。暑い時期だが、作業所内に粉末が舞うといけないのでクーラーや扇風機は使わない。汗をかきながら、こつこつ丁寧に作業に当たる。
*根強いリピーターを持つアワ・デビルズペッパーは、お遍路さんの休憩所で販売するほか通信販売にも対応。今後は、実のままの状態のものなど、バリエーションを増やす予定だ。
*「ごく少量で十分に強い辛味があるので、普通のトウガラシよりコストパフォーマンスが高い。激辛チャレンジメニューやイベントでの活用も考えられると思うので、新たな特産の一つになって、地域活性の起爆剤になれたらと思う。人が辛いと言っているのは面白いからね」といたずらっ子のように笑った。
▽販売場所=阿波市土成町吉田涼ミ堂24の2▽営業午前8時~午後6時(日によって変更あり、来店の際は電話推奨)▽ホームページ=yamaohji.com

写真説明1=圃場でキャロライナ・リーパーの熟れ具合をみる森本さん
写真説明2=手前が実(いったん冷凍させたもの)、奥は乾燥させたもの

〈収入保険 私の選択〉 

** 阿南市  八多 正夫さん
*夫婦二人三脚でフキと水稲を手がけています。以前はタケノコを主に栽培していましたが、隔年結果が激しく収入が安定しないため、販売価格の安定した園芸施設でのフキ栽培に切り替えることを決めました。
*しかし、けがや病気で作業ができなくなると、収入減少につながる恐れは大いに考えられます。また、近年は過去に経験したことのない異常気象や大災害が多く発生しており、さまざまなリスクに備えておく必要があると思い、収入保険への加入を決めました。
*収入保険は、収入の減少を補償してくれるという安心感があり、安定した経営を続けられることが魅力だと感じています。
*フキ栽培を始めて20年になりますが、毎日が忙しく、特に年3回の収穫期は寝る間も惜しいほど。大変ですが、消費者の皆さまに高品質な農産物をお届けしたいという思いから、いかにして品質改善に力を注げるかを心がけて生産しています。
*現在はフキと水稲が経営の中心ですが、果樹類の販売も検討しており、ブドウ、イチジク、ライチを試験的に栽培しています。ブドウとイチジクは複数の品種を栽培し、品種ごとの特性を見極めている段階です。
*ライチは定植して8年、今年ようやく収穫することができました。国産の生ライチはまだ珍しいフルーツだと思うので、今後に期待しています。
*将来的には価格の安定したフキに、高単価の果樹類を組み合わせることで経営拡大を目指したいと考えています。失敗を恐れず、新たな挑戦ができるのも収入保険の下支えがあればこそだと思います。

多彩な用途 もちトウモロコシ 特産化、販路開拓へ挑戦 「にし阿波ファーマーズ」

** 地域農業の発展を図ろうと、宮俊文さんの呼びかけで、三好市と東みよし町のベテランと若手で設立した「にし阿波ファーマーズ」。宮さんをはじめ、代表を務める大西耕司さん、浦岡勝正さん、森下孝裕さん、大西豊さんの5人で構成する。
* メンバーは〝もうかる農業〟をモットーに、もちトウモロコシ、祝蕾の栽培を2年前に開始。新たな地域の特産品として県内外への販路開拓を進めている。
* もちトウモロコシは紫色の実のものと、紫色と白色のバイカラーの2種類。もちもちした食感とほんのりとした甘さが特徴だ。実の色を生かしたポタージュや天ぷら、食感を生かしたとうもろこしご飯など、さまざまな料理に合う。ひげ付きのヤングコーンは生でも甘みがあり、サラダのほか、ひげを吸い物や素揚げにするのもお薦めという。
* 大西耕司さんは「海外では粉末状に加工することが多いそうなので、今後はもちトウモロコシパウダーをお菓子作りなどに活用してもらうことも考えています」と話す。

写真説明=もちトウモロコシの圃場で、にし阿波ファーマーズのメンバー。前列左から宮さん、浦岡さん、後列左から大西耕司さん、森下さん

 

高齢者や障害者に雇用の場を

* 20年前にUターンし、祖父を師として就農した阿波市の中西勇さん。NOSAI部長・水稲損害評価員を務めるほか、地区の青年部に参加し、レタス産地の地元を盛り上げようと農業仲間と励んでいる。
* 「地域のつながりや助け合える関係を維持していくことを大切に、推進に行くときはなるべく対面で話をするよう心掛けています」
* 中西さんは、通年で安定的な生産を確保し、高齢者や障害者を雇用できるような場をつくれないかと考えている。
* 「産地であっても規模縮小や離農の話はあります。年齢のため離農する方も少なくないが、そういった方は、蓄積された豊富な知識や技術を持っている。共に働けるような環境があれば、教わることもできて、雇用の場としても役に立てるのではと思っています。将来的には、料理好きな妻の夢でもあるカフェレストランを自宅で開けたら」と笑顔で話す。

〈特集〉不測の事態に備え建物総合共済に加入を

落石で屋根・壁が破損 日頃の対策を強化

* 2005年の台風では、近所の家が丸ごと土石流に巻き込まれるという災害がありました。また、家の近くには谷があり、台風のたびにひやひやしています。そのようなことから、総合共済に加入していました。
* 今年7月1日の朝7時前のことです。朝食を食べていると、「バリ、ドスン」というものすごく大きな音が聞こえました。何事かと思い、音が聞こえたすぐ隣の部屋の外を見に行くと、大きな石が落ちていました。見ると、屋根と雨どい、壁の一部が破損していました。すぐにNOSAIへ電話をすると、その日のうちに事故状況の確認に来てくれたので安心しました。
* 石は2㌧ほどの重さがあり、裏の山の斜面50㍍ほど上から、茶畑などを乗り越えて落ちてきたようです。現場には、いまだに落石と同じくらいの安定していない石があり、自治体が対応してくれることになっていますが、自分でもワイヤを張りめぐらせて対処しています。ほかの場所でも、大きな石があったらその前方に穴を掘り、何かあったらその穴に落ちるようにという対策をしています。
* NOSAIからはひと月とたたないうちに共済金が支払われ、ありがたく思っています。昔と違って今は自然災害の頻度や程度が高くなっているように思うので、こうした自然災害を対象とした保険があるのはありがたいです。

写真説明1=尾茂谷さん
写真説明2=被災当日に尾茂谷さん方で事故状況を確認するNOSAI職員