カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

きゅうりタウン構想に「自分のビジョンが見えた」

*徳島県最南端に位置する海部郡は、農業用ハウスでのキュウリ促成栽培が盛んな地域。近年の高齢化や担い手不足による栽培農家の減少を受けて、2015年に地元JAと行政が共同で「きゅうりタウン構想」を立ち上げ、新規就農者を育成する「海部きゅうり塾」を開講した。第2期卒業生・美波町の勝又篤志〈かつまた・あつし〉さん(36)は、海部きゅうり塾で学んだ養液栽培技術を生かし、法人化を目標に取り組んでいる。

*「30歳すぎには地元徳島に帰ってきて仕事をしたいと考えていました」と勝又さん。東京や静岡で約10年間、飲食業やアパレル業界で働いていたが、お盆の帰省中にきゅうりタウン構想のことを知り、すぐにJAへ話を聞きに行った。そのときに将来のビジョンが見えたことがきっかけで、16年に海部きゅうり塾に入塾した。
*18年に美波町のレンタルハウス(17㌃)でキュウリの養液栽培を始め今年で3年目。8月と9月に収穫する夏キュウリと11月から翌年6月まで出荷する冬キュウリを栽培し、周年出荷に取り組む。
*「夏に向いている品種選びに気を付けています。現在は、『はやか』と『グラッチェ』の2品種、約1600株を定植しています。カボチャ台木の接ぎ木栽培とポットで苗を栽培し、そのまま定植する栽培方法です。ポット苗は、2重にしたポットで苗を作ります。内側のポットは底に穴を開けていて、苗が育つとそのまま取り出して、苗床に直接置くだけなので省力化につながっているんですよ」と話す。
◎仲間づくりにも一役
*作業が忙しい中でも、就農・移住体験ツアーの体験ハウスを積極的に受け入れる。「今年は新型コロナウイルスの影響でツアー自体がなくなりましたが、昨年は3回受け入れました。新規就農者の相談には、キュウリ栽培の収支を積極的に公開しています」と勝又さん。キュウリ作りの仲間を増やすことに貢献している。
*「企業や雇用が少ない地元での就職は簡単ではないと思っていました。これからいろんな人に農業を勧められるよう、収入の安定を確保し、休みもきっちり取れるようにしたい。そのためにも、自分だけが作業できるのではなく、作業を任せられる従業員を増やし、法人化して、地元の雇用の場になりたいです」と話してくれた。

写真説明1=摘芯作業に励む勝又さん。「夏場のハウスは暑い。体調管理に気を付けています」
写真説明2=ポット苗はそのまま定植して養液で栽培する

〈農家キッチン〉 濃厚パンプキンケーキ 簡単に作れて、しっとり甘く

*菓子作りが趣味の一つだという阿波市の藤井文子さん。自家栽培した旬の野菜や季節のフルーツなどを使って、普段から菓子・パン作りをしているという。
*紹介してくれたのは、フードカッターを使用することで、洗い物が少なく、簡単に作れる「濃厚パンプキンケーキ」。バター不使用でカロリーは控えめ、しっとりした口当たりで、カボチャ本来の甘味を楽しむことができる。
*「おいしいと喜ぶ顔が見られるとうれしいし、泡立てなど力のいる作業がないので、子供や孫と一緒に作るのもお勧めです。今後は、少し上級向けになるフランスパンにも挑戦してみたい」と笑顔で話してくれた。
◆材料
カボチャ300㌘
砂糖90㌘
生クリーム200㍉㍑
小麦粉30㌘
卵3個
焼き型(5号・15㌢)1個=底が抜けるタイプ
◆作り方
〈1〉オーブンを約180度に温めておく。
〈2〉カボチャの皮とワタを取り除き、電子レンジに入れ約7分(600㍗)加熱したのち粗熱を取る。
〈3〉フードカッターに、冷ましたカボチャ、砂糖、小麦粉、卵を入れて、30秒ほど回す。
〈4〉生クリームを加え、さらに30秒ほど回す。
〈5〉焼き型に流し入れ、約180度のオーブンで45~50分焼き上げる。
〈6〉オーブンから出して、冷えたら型から外して、冷蔵庫で一晩休ませる。

写真説明=「早く食べたいな」という孫に笑顔の藤井さん

 

 

 

 

 

 

ナシのジョイント栽培 早期成園化、省力化に期待

*「安定した収量を確保しておいしいものを生産することが、もうかる農業を実現させ、後継者育成・産地保全につながります」と話すのは、徳島市応神地区なし部会長の喜多国夫さん。
*喜多さんがナシの栽培を始めたのが約45年前。当時は生産農家が多く地域は活気づいていた。しかし、後継者不足で離農が増え、今では当時の4割ほどまでに生産戸数が減った。
*生産者として、また部会長として後継者問題の打開策を模索していた喜多さんは、ジョイント仕立てによる栽培方法に目を付けた。従来の栽培法方に比べ成園化が早く、剪定の簡易化、省力化が図れるのがメリットだ。「知恵を絞って熱意を持ってやれば、周りにも希望が湧いてくると思います」と喜多さん。
*そんな喜多さん自身にもうれしい出来事があった。息子さんが就農し後継者ができたことだ。それまではがむしゃらにやってきたが、息子さんの手助けを受け、余裕ができたことで、今までと違った角度で樹と対話できるようになったと話してくれた。

写真説明=「やっと樹が見えるようになってきたんですよ」と喜多さん

 

 

 

 

 

 

コロナ禍で需要減、五輪中止も打撃 「維持費の支払いに助かった」

*徳島県阿南市  松﨑 克弘さん コチョウラン、スダチ

*阿南市楠根町はもともと水害が多く、台風や昨今多発している大雨、豪雨に対する不安もあったので、園芸施設共済に長らく加入していました。そこへ、NOSAI職員の勧めもあり、「備えあれば憂いなし」の気持ちで、収入保険加入を初年度に決めました。
*今年、思いもよらないコロナ禍で、ハウススダチの需要が減り、イベントなどの中止のため花の販売数量も減少したことが、売り上げに大きく影響しました。
*特にスダチは、オリンピック・パラリンピック開催に向けて、選手村で使用する食材の条件であるGAP(農業生産工程管理)の認証を取得し、「農業における優れた取り組み」の見える化としての準備も進めていただけに、延期が決定して残念に思いました。
*農業経営における収入の減少を補うため、収入保険でつなぎ融資を3月末に申請すると、4月上旬には手続きが終了しました。思っていたより早くつなぎ融資が受けられたため、毎月のランニングコストの支払いに余裕ができ、大変助かりました。
*コロナ禍が収束に向かうのか見えない状況の中、不安な部分もありますが、一方で作業環境の見直しや、農業経営の基盤づくりをする機会となりました。その中でも、さまざまなリスクに対応している収入保険に加入していることは、迅速な支払手続きができるつなぎ融資もあり、安心して経営に取り組むことができる要素となっています。

 

 

 

 

授精師資格取得 両親をサポート   牛に寄り添い飼育技術向上へ

*家畜人工授精師の資格を昨年取得した那賀町の中川緑恋さんは現在、乳牛9頭を飼育する両親の下で従業員として働いている。
*幼い頃から牛に慣れ親しみ、牛の世話の手伝いもしていたので、自分も牛に関わる仕事がしたいと思い、家畜人工授精師を目指したという。男性より力が弱い分、手際よく作業を進め、牛に近づいてもけがをしないような立ち回りには常に注意を払っている。
*出産時期に暑い日が続くと母体に影響があるため、出産の何週間も前から神経を使う。出産は生まれてくる子牛だけではなく、母体にも大きな負荷がかかるので、授精時から母体をいたわることも忘れない。
*「父のように長年の経験と洞察力を身に付け、受精率や飼育技術を上げられるようになりたいです」と日々奮闘する中川さん。「見ただけで牛の体調が分かるような、牛に寄り添っている人工授精師になり、将来は独立して繁殖用和牛を増やしていければ」と話してくれた。

写真説明=「出産が無事に終わるとホッとします」と中川さん

活性化目指して開園  阿波市AWA Blueberryファーム  観光メニュー充実に意欲

*開業資金の一部をクラウドファンディングで調達し、阿波市阿波町にブルーベリー農園「AWA Blueberryファーム」をオープンさせた神木清子さん。地域の人が年々減っていくことを寂しく思い、多くの人に足を運んでもらえる観光農園を始めようと考え、今年6月、開園に踏み切った。
*農園では、家族連れや友人同士、学生の課外授業などでの訪問があり、20種類のブルーベリーの食べ放題を楽しんでいる。
*新型コロナウイルス感染症の影響で、当初の予定とは大きく異なり、定員を決め時間入れ替え制で運営。剪定方法や蜂による交配の時期など試行錯誤の毎日だが、家族や近所の人の協力、「甘くておいしい」という声を活力に、これからもさまざまなことに挑戦していくという。
*「来年は、摘み取りのほかに、ブルーベリーを使ったアイスクリームを販売したいと思います。また、果実が大きく甘いハイブッシュ種をもっとお客さまに味わっていただけるように、6月の早いうちからオープンする予定です」と話してくれた。

*写真説明=「かわいい」と評判の看板の前で笑顔の神木さん夫妻

新事業にバナナ栽培 年内収穫を目指す 徳島市 観葉植物レンタル業「SLOTH」

*観葉植物のレンタル業「SLOTH(スロース)」代表の辻健作さんは、徳島市でバナナ栽培を始め、年内の収穫を目指している。高さ5㍍の3連棟ハウス(15㌃)内にはバナナの木が並ぶ。収穫できるころには3㍍ほどに育ち、手の届く高さで取ることができるという。

*栽培するきっかけは3年ほど前。「子どもに初めて食べさせるものを探していたとき、国産のバナナがあることに気づいた。これを徳島で作れたら」というスタッフの言葉からだ。それは面白い」と、2018年2月にスタッフと4人で、国産バナナを栽培する岡山市の「D&Tファーム」を訪問。たわわに実るバナナに感動し、SLOTHの一部門として栽培に取り組むことにした。
*D&Tファームを訪問後、バナナ栽培への熱意は強くなったが、辻さんをはじめスタッフも本格的な農業経験はない。そこで、スタッフ2人がD&Tファームで2カ月余り研修を受けた。一方、辻さんはバナナ栽培を始める土地を探し、SLOTHからも通える場所を見つけた。
*今年2月、D&Tファームの「凍結解凍覚醒法」で改良された「グロスミッチェル」の苗を265本植え付けた。凍結解凍覚醒法はD&Tファームが研究開発した技術で、苗を零下60度まで冷却凍結し、解凍して培養する。氷河期を疑似体験させることで、耐寒性に優れた苗ができるという。
*栽培地はもともとは田んぼだったため、地下水をポンプでくみ上げて使用している。
「農薬を使わない栽培のため、ハダニやカイガラムシを水で洗い落とすのには豊富な水が必要なので助かっています。また、虫を見つけたら手でも取っているのですが、試しに置いてみたウツボカズラが活躍してくれているんですよ」。食虫植物のウツボカズラの中をのぞくと羽虫が多数入っていることがあるという。
*年内には最初の収穫ができる予定だ。「『22世紀バナナ』と名付けて販売したいです。名前はいろいろ候補が挙がりましたが、次世代に向かって、体に良いものを作り続けたいという思いを込めて名付けました。人にも自然環境にも優しい方法で育てて、来年には薪(まき)ストーブを設置して、エネルギー源についても考えます。バナナは増やせるならどんどん増やし、同じ凍結解凍覚醒法で栽培できるコーヒーも栽培したいですね」と意気込んでいる。

*写真説明=「SLOTHで栽培するD&Tファームの苗木は寒さに強く生育が早いのが特徴」と辻さん

 

 

 

 

 

「神山すだち」販路拡大へ意欲 多様な楽しみ方PR

* NPO法人里山みらい副理事長の永野裕介さんは、夫婦で子育て環境について考えた結果、神山町に移住して8年になる。同法人では、「神山すだち」を栽培する若手農家の育成や販路拡大を担い、永野さんは立ち上げ時から関わってきた。
*「スダチは料理の素材としてすごく良い。この良さを、東京をはじめ全国の人に知ってもらいたいと思うようになったんです」と熱が入る。
*「東京では最初、『すだち酢』というと、お酢だと受け取られたので、『生搾りすだち果汁』という名称にするなど、工夫しています。収穫初期から選別したスダチを弱い力で搾ることで、苦みが少なく、香りの良いものに仕上げているんですよ」
*これまでは、まず東京でのスダチの認知度を高めようと努力してきたが、今年から大手住宅設備機器メーカー主催の料理教室でスダチのメニューを取り上げてもらうなど、全国展開を図っていく予定だ。
*永野さんは「飲食店などの業務筋だけではなく、個人消費に向けて力を入れていきたい。それに、スライサーなどの道具類をサイトで紹介し、スダチの多様な楽しみ方も知ってもらいたいですね」と意気込む。

*写真説明=すだちスタンドを準備中の永野さん。「飲食店へのPRや援農に来てくれた人の楽しみのためにも設置を考えています」

・ブルーベリーで里山の魅力発信

* 母親が始めたブルーベリー園25㌃とジャムの加工場を受け継ぎ、借地でブロッコリーなど80㌃を栽培する板野町の石川五重さん。高校で英語の教員として勤務していたが、もともと農業に興味があったことと、新規就農者の制度を利用できるタイミングが重なり、2015年に就農に踏み切った。また、同年から「いたの里山マルシェ」を開催し、地域の魅力発信に取り組んでいる。
*石川さんが園主を務める「落合ブルーベリー園」では農薬を使わない栽培を心掛けており、「虫害や鳥害のコントロールが大変ですが、その分やりがいも大きいですね」と話す。また、植栽間隔を広めにしたり、防草や乾燥防止のためにもみ殻を多く入れたりと工夫している。現在は「ラビットアイ」という品種を中心に栽培し、就農1年目に新植したものは今夏に収穫できる見込みだ。
*7月上旬から8月中旬には、予約制の観光摘み取り園と直売所を開き、県内の観光コースづくりにも取り上げられている。
*「ブルーベリー園を訪れる方はリピーターもいて、その人たちから、おいしいと言ってもらえることがとてもやりがいにつながりますし、自分がしたかった農業ができていると実感できてうれしいです」
*また、地域の集落営農で米の収穫に参加するほか、柿・小麦・クリ・ブロッコリーなどの栽培やジャム加工にも精力的に取り組む。
*それらの活動を生かし、いたの里山マルシェを開催している。「出店者や出演者が徐々に集まり、小さいマルシェですが、里山の風景が評判です。ゆったりと過ごしていくお客さんが多いですよ」。このイベントは年間5回程度開催され、カレー屋台や小物細工・美容関係などさまざまな店が並び、1日100~150人ほどが訪れる。
*「活動を通じて、地域の耕作放棄地削減や魅力アップにも、もっと貢献していきたいと思っています」と力を込める石川さん。活動の情報はフェイスブック「落合ブルーベリー園」とライブドアブログ「落合ブルーベリー園のブログ」で発信されている。
写真説明1=「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で観光園の営業も大変かなと思いますが、開園に向けてしっかり準備して頑張りたい」と石川さん
写真説明2=いたの里山マルシェ(昨年5月)

・〈輝く女性たち〉 優良牛生産へ挑戦の日々

*〈輝く女性たち〉佐藤美紀さん   徳島県阿波市市場町
*佐藤さんは3年前、金融業界から心機一転、家業の畜産業界に飛び込んだ。繁殖・肥育の一貫経営に取り組んでいる。ゆくゆくは子どもや親をみながら、家や土地を守っていきたいと就農を決心した。
◆    ◆
*――異業種から畜産への転身は大変だったのでは?
*最初に取りかかったのは、毎日の牛への餌やり。餌食いを見ながら、自己流の配合に調整していきました。1日に何度も牛の様子を見に行っては、気づいたことをこまめにホワイトボードに書くようにしています。
*また、粗飼料をすべて自家生産しているため、種まきから刈り取り、ロールづくりに運搬と機械を使った力仕事が続きます。就農した当時はペーパードライバーだったので、軽トラの練習から始めました。今ではトラクターの免許を取って、75馬力のトラクターに挑戦しています。
*自分と同様に畜産業界で頑張る女性など、周りからもアドバイスをいただき、ありがたく思っています。まだまだ初心者なので、事務仕事に人工授精にと学ぶことが多くて、日々勉強と挑戦です。
*――忙しい中での楽しみなどは?
*子どもと飼い始めたポニーに癒やされます。とても人懐っこく、一緒に近所を散歩して歩く姿がかわいくて。
*――今後の目標などは?
*自分で世話をするようになった牛の出荷が近づいてきて、楽しみな反面ドキドキしています。将来は、子どもも家業を継ぎたいと言ってくれているので、良い肉質の牛を育てて息子につないでいけるよう頑張りたいです。

写真説明=「力仕事が多いので、けがや体には気をつけています」と佐藤さん