カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

・ブルーベリーで里山の魅力発信

* 母親が始めたブルーベリー園25㌃とジャムの加工場を受け継ぎ、借地でブロッコリーなど80㌃を栽培する板野町の石川五重さん。高校で英語の教員として勤務していたが、もともと農業に興味があったことと、新規就農者の制度を利用できるタイミングが重なり、2015年に就農に踏み切った。また、同年から「いたの里山マルシェ」を開催し、地域の魅力発信に取り組んでいる。
*石川さんが園主を務める「落合ブルーベリー園」では農薬を使わない栽培を心掛けており、「虫害や鳥害のコントロールが大変ですが、その分やりがいも大きいですね」と話す。また、植栽間隔を広めにしたり、防草や乾燥防止のためにもみ殻を多く入れたりと工夫している。現在は「ラビットアイ」という品種を中心に栽培し、就農1年目に新植したものは今夏に収穫できる見込みだ。
*7月上旬から8月中旬には、予約制の観光摘み取り園と直売所を開き、県内の観光コースづくりにも取り上げられている。
*「ブルーベリー園を訪れる方はリピーターもいて、その人たちから、おいしいと言ってもらえることがとてもやりがいにつながりますし、自分がしたかった農業ができていると実感できてうれしいです」
*また、地域の集落営農で米の収穫に参加するほか、柿・小麦・クリ・ブロッコリーなどの栽培やジャム加工にも精力的に取り組む。
*それらの活動を生かし、いたの里山マルシェを開催している。「出店者や出演者が徐々に集まり、小さいマルシェですが、里山の風景が評判です。ゆったりと過ごしていくお客さんが多いですよ」。このイベントは年間5回程度開催され、カレー屋台や小物細工・美容関係などさまざまな店が並び、1日100~150人ほどが訪れる。
*「活動を通じて、地域の耕作放棄地削減や魅力アップにも、もっと貢献していきたいと思っています」と力を込める石川さん。活動の情報はフェイスブック「落合ブルーベリー園」とライブドアブログ「落合ブルーベリー園のブログ」で発信されている。
写真説明1=「今年は新型コロナウイルス感染症の影響で観光園の営業も大変かなと思いますが、開園に向けてしっかり準備して頑張りたい」と石川さん
写真説明2=いたの里山マルシェ(昨年5月)

・〈輝く女性たち〉 優良牛生産へ挑戦の日々

*〈輝く女性たち〉佐藤美紀さん   徳島県阿波市市場町
*佐藤さんは3年前、金融業界から心機一転、家業の畜産業界に飛び込んだ。繁殖・肥育の一貫経営に取り組んでいる。ゆくゆくは子どもや親をみながら、家や土地を守っていきたいと就農を決心した。
◆    ◆
*――異業種から畜産への転身は大変だったのでは?
*最初に取りかかったのは、毎日の牛への餌やり。餌食いを見ながら、自己流の配合に調整していきました。1日に何度も牛の様子を見に行っては、気づいたことをこまめにホワイトボードに書くようにしています。
*また、粗飼料をすべて自家生産しているため、種まきから刈り取り、ロールづくりに運搬と機械を使った力仕事が続きます。就農した当時はペーパードライバーだったので、軽トラの練習から始めました。今ではトラクターの免許を取って、75馬力のトラクターに挑戦しています。
*自分と同様に畜産業界で頑張る女性など、周りからもアドバイスをいただき、ありがたく思っています。まだまだ初心者なので、事務仕事に人工授精にと学ぶことが多くて、日々勉強と挑戦です。
*――忙しい中での楽しみなどは?
*子どもと飼い始めたポニーに癒やされます。とても人懐っこく、一緒に近所を散歩して歩く姿がかわいくて。
*――今後の目標などは?
*自分で世話をするようになった牛の出荷が近づいてきて、楽しみな反面ドキドキしています。将来は、子どもも家業を継ぎたいと言ってくれているので、良い肉質の牛を育てて息子につないでいけるよう頑張りたいです。

写真説明=「力仕事が多いので、けがや体には気をつけています」と佐藤さん

・県産食材をふんだんに 規格外品も使う弁当開発 徳島市 ㈱オーコーポレーション

* 県産食材の卸業と地産地消をテーマにした飲食店を展開する株式会社オーコーポレーション(徳島市)が、県産食材をふんだんに使った弁当を開発した。メニューは「鱧のフライ」「すだち鶏の照り焼き」「鳴門金時の丸天」「たべるそば米汁」など。「れんこんの梅酢ピクルス」の梅酢には「美郷の梅」を使用し、みりんやしょうゆに至るまで県産に徹している。
* 開発のきっかけは、日本糖尿病学会中国四国地方会総会の来場者用の昼食として885個を受注したこと。そのため、弁当は米の量やカロリー、健康面にも気を配っている。
* 開発を担当した同社の曽谷さおりさんは「そば米汁を食べられるようにゼリー状に固め、茶わん蒸しより少し硬いくらいの食感にしたのは初めての試みです。また、お弁当に使用するレンコンなどは半分に切るよりそのまま使いたいと思い、普段の規格より小さいものを用意してもらいました。農家さんも規格外がリクエストされることはあまりないので、どれくらいの大きさが欲しいか伝えるのは少し打ち合わせが必要でした」と話す。
* 今後は旅行代理店や道の駅、サービスエリアなどにPRしていく予定だ。

写真説明1=「通年を通して販売できて、徳島県食材をふんだんに使ったお弁当を作ってみたかった」と曽谷さん
写真説明2=彩りもみじ入りの弁当。包装紙の帯には英語表記のメニューを入れ外国人観光客にも対応

・地元の旬の食材 仲間と楽しむ 「たけのこごはんと木の芽あえ」

*「毎月1回火曜日に地元住民センターに集まり、地元の旬の食材を使って料理、試食をして楽しんでいます」と話す阿南市福井町の美間敏子さん。地元の農家の女性メンバー10人で2年前から活動している。
* 食材のほとんどは自家栽培のもので、「みんなで料理をすると人それぞれやり方が違って、こうしたほうがいいなと勉強になることもあります。これからも続けていきたいですね」と話してくれた。
●たけのこごはん(約10人分)
◆材料=米5合、タケノコ400㌘、油揚げ2枚、ニンジン1本、調味料(白だし大さじ5、和風だしのもと小さじ1強、酒・みりん・しょうゆ・各大さじ3)
◆作り方
〈1〉タケノコ、ニンジン、油揚げは食べやすい大きさに切る。
〈2〉炊飯器に米と調味料を入れ、目盛りまで水を入れて〈1〉で切った具材をのせて炊く。
●木の芽あえ(約10人分)
◆材料=タケノコ200㌘、木の芽10枚、調味料A(だし汁2分の1カップ、薄口しょうゆ小さじ1、みりん小さじ1)、調味料B(白みそ50㌘、砂糖大さじ1、酒大さじ1、みりん小さじ1)
◆作り方
〈1〉調味料Aでゆでたタケノコを5分ぐらい煮て冷まし、好みの大きさに切る。
〈2〉調味料Bを混ぜ、弱火で温めながらつやが出るまで煮る。
〈3〉木の芽はすり鉢ですり、冷ました〈2〉を入れてよく混ぜ、タケノコを入れてあえる。

写真説明1=たけのこごはんと木の芽あえ
写真説明2=「福井町はタケノコの産地で、これからが旬。タケノコは水からゆでるとアクが抜けますよ」と話す美間さん(前列右)とメンバー

 

・ブランド野菜、桐下駄 地元のいいものを発信  東みよし町「みかも喫茶」

*「出かける喜びを分かちあい、いつまでも楽しい人生を」を経営理念に掲げ、バリアフリーのカフェ「みかも喫茶」を営むのは、東みよし町の金村盟さん・佳代子さん夫妻。
* 同店では、「にし阿波の傾斜地農耕システム」のブランド認証を受けた「田口農園」で栽培された新鮮でおいしい野菜を味わうことができる。また、田口農園とともに「エシカル消費活動」にも力を入れており、調理後に出た卵の殻やコーヒーの抽出かすなどを肥料として使うと、トマトの色つやが良くなるという。
* 店内では、徳島県唯一の桐下駄製造工場「斎藤桐材工業」で製造された桐下駄や、鼻緒やシートを自分で選べるオリジナル下駄、NPO法人と共同開発した子どもの発達につながるリハビリ下駄などを気軽に手に取ることができる。下駄のほかにも、帯を使って作られた下駄バッグ、旅の安全を祈願するお守り豆下駄など、つい手に取ってしまうような商品が並ぶ。
* 金村さんは「桐下駄や新鮮な野菜など、地元のいいものを知ってもらえる場所になれば」と笑顔で話してくれた。

写真説明=「地元のいいものを発信するスポットにしたいですね」と金村さん

・単為結果性ナス「ラクロ」 作業時間を大幅に削減、高品質果を安定出荷

*促成ナスの栽培で最も大切な仕事といえるのがホルモン処理だ。処理のタイミングが生産や品質の安定に直結するため、労働力不足や高齢化の進む地方では、大きな作業負担が栽培規模の減少につながる課題となっていた。阿波市市場町で促成ナスを栽培する市川誠宜さんにとっても、ナスのホルモン処理は大きな悩みの種だった。それらの悩みを解決するため、ホルモン処理が不要な単為結果性ナス「ラクロ」の試験栽培に、2016年から普及指導員の指導を受け取り組んでいる。
*市川さんは妻の初江さんと、ナス10㌃のほかハクサイ1・5㌶、水稲1㌶を栽培。ラクロの栽培を本格的に始めて3年になる。
*ラクロは樹勢がおとなしく、以前の4本仕立てから2本仕立てに変わり、1本から収穫できる個数は減った。しかし、以前より着果率が良くなり、奇形果が減ったことで、高品質な果実の割合が増え、出荷量が安定。ほかにも、ナスの作業時間が減ったことでほかの仕事を割り振りやすくなったことも、多品種を栽培している農家にとって大きな改善点だったという。
*ラクロにはほかにも生産者に優しい特徴がいくつかある。とげが無いため、果実自体に傷がつくことが少なく作業時のけがも少なくなった。また、皮がしっかりしているため、ナス自体の水分が抜けにくく棚持ちがいい。火を通しても煮崩れしにくく、いろいろな調理方法に活用することができる。
*ラクロを出荷し始めたころは、周知を図るためパッケージに品種の説明や調理法を載せるなど売り出し方を工夫したという。市川さんは「生産者としては、消費者にスムーズに受け入れられるかという心配がありました。しかし、ラクロの形がもともと流通の多かった『千両』と似た長卵形のためか、抵抗なく受け入れられたという印象です」と話す。
*試験栽培から数年たち、生産から出荷までが軌道に乗ってきたため、阿波市・吉野川市の7割近くのナス農家がラクロに切り替えている。省力化と安定した品質が実現されたことで、栽培規模を増やそうか考えているといった意見を聞くという。
*市川さんは「促成ナス栽培の大きな課題となっていた部分が改善されてきています。この記事を読んでナス栽培を始めたいと思ってもらえればうれしく思います」と笑顔を見せる。

写真説明=「とげが無いため、作業するときのけがが少なくなりました」という誠宜さんと初江さん

・収入保険 私の選択 将来的にも安心できる制度

徳島県美馬市  藤川範之さん・淑恵さん

1以前は商社に勤め、パプアニューギニアなどの海外で植林事業に携わっていました。35歳のとき、両親の地元(美馬市脇町)での新規就農を決意し、廃業農家の畑を借りるなどして、約30㌃のブドウ畑から始めました。
1先輩農家からアドバイスをいただいたり、研修に行くなどして経験を積み、農家に転身して17年です。現在のブドウ畑は「シャインマスカット」「ピオーネ」「ブラックビート」、その他の品種を合わせて総面積160㌃にまで広がっています。
1また、ブドウと収穫時期をずらせる果樹としてレモンにも力を入れています。ブドウとはまったく勝手が違うので試行錯誤を重ねながらでしたが、試験的に植えた数本がうまく成長したので、今年は30㌃ほど植えようと計画しています。
1規模を拡大している中で不安になったのは、各地で頻発する大規模災害でした。園地には木を支える構築物があることから、災害にあった際の再整備、収穫できない間の資金などに対応できる保険を探していました。
1収入保険を知ったのは、地域のぶどう生産組合の部会で共済職員から説明を受けたときでした。従業員もいるので、災害にあった際の生活の安定などを得られることから、収入保険は将来的にも安心できる制度です。
1地域への貢献として、認定農業士、指導農業士の資格を取得し、研修生を受け入れ、ブドウ農家を目指す人の支援、指導、育成を行っています。自分たちの経験と知識、技術を惜しみなく若い人たちに伝えていきたいです。若い人が頑張れる環境をつくれば農業で地域を盛り上げていけると思います。
1こうしてできた“輪”がどんどん広がって、農業で地域を元気にしていくことが目標です。

・こんにゃく作りを伝授 そば殻の灰汁がポイント

1世界農業遺産に登録された「傾斜地農耕システム」で有名になった「にし阿波」地区では、昔から知恵と工夫を凝らし、環境に適したソバや雑穀などが栽培されてきた。
1つるぎ町の磯貝ハマ子さんは、そのそば殻の灰汁を効かせることが、こんにゃく作りのポイントになっているという。
1磯貝さんの自宅で行われるこんにゃく作り体験教室には、小さい子どもや何度も通ってくれる人がいる。薪を使い、大きな窯でこんにゃくを炊くのは、時間がかかるうえ体力も必要だという。しかし、ガス火で作る場合とは食感も味も変わるそうで、「おいしいものを作るのは簡単ではなく、ひと手間もふた手間もかけることが大切なんです」と話す。
1磯貝さんの作るそばや野菜は、夫婦で営む「そらの宿」でも提供され、県外から来る宿泊客に「素材の味がしっかりしていておいしい」と好評だという。「どれだけ大変なことでも、自分たちの気持ちが相手に届くことがうれしい」と磯貝さんは話している。

1写真説明=自家産のそば殻の灰汁を使用。「これでないと、この味は出せません」と磯貝さん

・〈特集〉四国の牛肉を売ろう  早期離乳で健康牛を出荷 事故率低減、受胎率は向上

1父から継いで2代目になります。肥育、繁殖と経験したうえで、自分には現在の繁殖が一番向いていると思います。
1肥育だとどうしても事故が起こることがありますが、うちでは現在、難産で死亡することが2年に一度あるかどうかで、それ以外の死亡はないですね。とにかく牛が死ぬのが嫌なので、そうならないように早めの対策ができるよう気を配っています。
1一番のポイントは、早期離乳です。初乳だけ与えたら、あとは人工哺育で、母牛と離します。これで、まず子牛の成育の状況がよく分かります。
1母牛に任せていると、子牛がどれくらい乳を飲んでいるのか分かりづらいものですが、こちらでよく観察していると、風邪気味かなとか、ミルクを飲んでいないな、というのがすぐに把握できます。痩せているなと思ってからでは遅い。スタートが重要なので、生後2~3カ月の間に、人工乳と濃厚飼料をぐんと与えておくことで、事故率が下がります。
1また、早期離乳により母牛への負担も減らせるので、受胎率が高いことも長所だと思います。
1牛舎は3カ所。家に一番近い牛舎で哺育をしているので、目が届きやすいです。ただ、母牛と離して育てるため、初乳による免疫が切れる生後2週間ごろには必ずワクチンを接種しています。このことも事故低減につながっていると思います。
1日頃から牛をよく観察するとともに、これからも安全・安心をさらに徹底していきたい。しっかり育てて肥育にバトンタッチしていきたいです。                     (徳島県 後藤和範さん)

写真説明=「人工哺育をしている子牛は懐いてかわいいですね」と後藤さん。徳島県内産和子牛共進会で昨年と一昨年の2年続けて優秀賞を受賞している

・なるとの金太郎 農薬使用を抑えおいしさも追求

 1鳴門市で「なると金時」を栽培する木内農園の木内雅和さんは、農薬使用量を一般の半分以下にし、化学肥料を抑え有機肥料を使っている。商標登録した「太陽と潮風と海砂で育てたなるとの金太郎」は、同園のオリジナル商品。特別栽培農産物の認証を受け、圃場ごとに適切な栽培管理を実践している。
1木内さんの畑の農薬使用回数は、多い畑で4~5回だけ。天敵を利用したり、さまざまな捕虫器を設置したりして農薬の使用量を減らしている。「畑を見回り、観察して、農薬を使うタイミングや量を見極めるのが難しいですね」と木内さん。苗は昔ながらの品種「高系14号」を使った木内農園独自の苗で栽培する。
1なるとの金太郎は、焼くと芋の縁があめ色のようになり、後味がしつこくない甘さで次々と食べられるのが特徴。「試行錯誤の途中ですが、できるだけ自然のものを使って安全・安心でおいしい芋ができるように頑張っていきたい」と話してくれた。

1写真説明=「両親の代から特別栽培をしています」と木内さん