カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

移住4年目 チンゲンサイ+スダチ 地域に貢献したい

徳島県阿南市  國中 孝文さん・亜姫さん
スムーズな住居の仲介
先輩農家が栽培指導
__「加茂谷体験ツアー」への参加を契機に、阿南市吉井町に移住した國中孝文さん。「加茂谷元気なまちづくり会の方にはとてもお世話になったので、移住を考えている方が農業体験に来て話す機会があれば、移住後の良いこと、悪いことを含めて率直に話をし、移住者が増え、地域が活性化するよう少しでも貢献したい」と話す。妻の亜姫さんと農業に取り組み始めて4年目。現在、チンゲンサイを15㌃、スダチを16㌃のハウスで無加温栽培し、農業に力を注ぐ毎日を過ごしている。

__國中さん夫妻は、全国に転勤がある神戸市の会社に勤務していたが、二人とも国内出張が度々あり、1週間顔を合わせないこともあったという。子育て環境に関する不安、孝文さんの三重県鈴鹿市への転勤が職種を見直す契機となった。
__孝文さんの実家は和歌山県で温州ミカンを栽培しており、夫婦一緒に仕事ができる農業に魅力を感じていた。2014年、東京で開かれた「新農業人フェア」に夫婦で参加し、仕事や移住など生活面を加茂谷元気なまちづくり会と相談する機会を得た。その翌春、2泊3日の加茂谷体験ツアーに参加し、現地で地域住民と触れ合い、農業体験を行う中で移住を決意した。
移住した理由を孝文さんは「先輩農家から作物の栽培について十分な指導を受けられること、地域住民の温かい人柄、歓迎されていることですね。何か困ったことがあったら快く手助けしてくれると思いました。移住後の農業用地や住居の貸し借りも、まちづくり会の方が仲介してくれ、スムーズに進みました」と話す。
初期費用抑え挽回可能
__15年秋に亜姫さんが先に、翌年3月に孝文さんが移住。新規就農を支援する農林水産省の青年就農給付金(当時)を受け、先輩農家の下で実地研修をしながら農業に取り組み始めた。
__亜姫さんは「チンゲンサイを栽培することに決めたのは、年間8~9回収穫可能で、1回収穫が思うようにできなくても挽回可能なこと、初期投資の費用があまりかからないことでした」と話す。夏場は暑さで生育が悪くなるので休作し、その間にスダチを今夏初めて収穫する予定だ。
__孝文さんは「取り遅れがないよう気を付けたり、同時に次作の準備を進めたりと、段取りには気を使います。目標は、チンゲンサイをあと5㌃ほど規模拡大して売り上げを伸ばすことですね」と意気込んでいる。

写真説明=國中さん夫妻と柚李ちゃん。「夫婦で試行錯誤して、娘とともに楽しいと思える瞬間を感じています」と孝文さん。

 

 

 

 

養蚕文化を児童が見学

NOSAI徳島西部支所「阿波北方農業乃館」
社会科学習の一環として、昔の農具や生活について学んでいる美馬市立江原北小学校の3年生児童が、NOSAI徳島西部支所(美馬市脇町)の事務所に併設した「阿波北方農業乃館」をこのほど見学した。
阿波北方農業乃館は、養蚕文化伝承の資料を展示する資料館で、蚕糸業の工程を和紙人形で作成し、蚕糸業史年表や蚕糸業の道具、昔の農具を展示している。
当日は、安宅則久支所長がビデオを使ってNOSAI制度について説明した後、徳島県西部で盛んに飼養されていた蚕繭の歴史について展示資料を見ながら解説。道具の呼び方や使い方のほか、蚕が繭を作り、繭から生糸を紡ぎ、生糸で織られたものが絹織物になることなどを説明した。
児童らは説明を聞きながらメモをとったり、蚕糸業の道具をスケッチしたりと真剣な様子。「初めて繭や生糸を見たのでビックリした」という児童もいた。
安宅支所長は「昔の農具から先人が培った知恵を学び農耕文化について理解を深めてほしい」と話す。
写真説明=児童たちに昔の農具について説明する安宅支所長

ワインと人生を一つに

井下 奈未香さん
徳島県三好市
栽培から販売まで実現
ソムリエ資格を持つ三好市池田町の井下奈未香さんは、ワイナリーやワインショップで働いていたが、結婚を機に奈良県から徳島に移住。移住した時は、すでに「ブドウ農家になること」を決めていたという。
「徳島ではワイン用ブドウの栽培に関する先人がおらず、アドバイスをもらうことができなかったため、試行錯誤しながら育ててきました。また、ブドウを定植するためにパワーショベルの免許も取得しました」
現在は、「ヤマソーヴィニヨン」「ピノ・ノワール」「甲斐ブラン」「リースリングリオン」の4品種のブドウを栽培している。
2015年に定植したヤマソーヴィニヨンを収穫、醸造を行い、18年秋に自分で手掛けるワインという夢を形にした。「一生に一回でも、栽培から加工・販売まですべて自身で手掛けたワインを完成させることができて、何より幸せ。とにかくワインが好きすぎて、ワインと人生を一つにしたい」と笑顔で話す。
「いつまでにどれだけ製品化するというように、人間のサイクルに合わせてブドウに無理をさせたくない。自然のまま、木を見守るように育てていきたいので、除草剤や殺虫剤も使用せず、自分でハサミを使って駆除している。虫は大嫌いだけど、ワインへの思いの方が大きい」
ワインの魅力を発信しようと、ワインショップもオープンさせた。20年春には200本の植樹を予定している。
「できることを探すより、やりたいことをしたい。簡単じゃないからこそ、好きなものに携わってずっと続けていきたいし、仲間を募ってもっと広げたい。いずれはワイナリーもオープンさせて、四国の真ん中のこの地から、四国のワインを各地に発信していきたい」と意気込む。
▽連絡先=NATAN葡萄酒専門店(三好市池田町マチ2184の5、電話090・6917・5044、FAX0883・87・8211、メール x1739.com@gmail.com)

写真説明=「ワインにするためのブドウも探しているので、ワイン造りに興味のある方はぜひご連絡を」と井下さん

 

 

 

 

 

 

防災士として出前講座も 「備災」が被害を最小限に

石井町  岩本 光雄さん
__8年前から防災士として、地域コミュニティーの防災力向上のため活動する石井町の岩本光雄さん。「日本に住んでいる限り災害は必ず起きる。災害と私たちは共生していかないといけない」と話す。
__日本各地でさまざまな災害が発生し、地域自主防災の普及が必要とされている。岩本さんは、2カ月に1度程度、出前講座に出向き、「備災」のために必要な意識・知識・知恵を伝えている。
__「備災によって被害を最小限にとどめることはできます」と岩本さん。家具類の固定、車の燃料を満タンに、日常の家族との会話、非常食、簡易トイレの準備など、日頃からの小さな心掛けが大きな効果を生むと説明する。
__「災害が起こっても、立ち直らなければいけない。自助・共助により復興する中で、公助としての農業共済の役割は重要。経済的な復興に寄与するだけではなく、心情的にも農家に寄り添い、支援してもらいたいですね」と岩本さん。「災害と共生し、人々が心を寄せ合い、『令和』という新時代が温かく和やかな素晴らしい時代となるように」と願っている。
写真説明=岩本さんは自宅の一室を耐震シェルターに改装した

 

 

 

 

県産品への愛着心育むキッズファーマープロジェクト

植え付けから体験  楽しく収穫・和菓子作り

_徳島の地産地消について学ぶ食育プロジェクト「とくしまキッズファーマープロジェクト」では、取り組みの一環として、子どもたちが植え付けたイチゴの収穫と、そのイチゴで和菓子を作る体験を行っている。子どもたちは楽しい経験を積み、農園を提供した農家はプロジェクトに続けて参加することに意欲的だ。

_徳島市大松町の枝川農園に集まった子どもと保護者は23組。出荷の規格に合わせて、280㌘から290㌘を収穫し、パックに詰めフィルムを張るところまで作業する。傷みやすいので丁寧に収穫し、美しく入れるようにと説明を受け、それぞれに収穫を始めた。
_枝川農園の枝川博嗣さんは「この取り組みを始めて7、8回目。イチゴの植え付けから携わることで、農家の苦労も知ってもらい、その分、よりおいしく食べられるようになるといいなと思っています。この体験が将来の種まきになり、後々は徳島県産のものを選んでくれたら一番うれしいですが、まずは自然に触れて育ってほしいですね」と話す。
_収穫後は徳島市二軒屋町の和菓子店「日の出楼」で「イチゴもなか」作りを体験。店主の松村清一郎さんは「これまでも定期的に参加してきましたが、子どもたちに菓子作りを体験してもらうのは今回が初めて。和菓子屋というと、どうしても敷居が高く思われがちなので、こうして作っているんだという体験を通して、もっと身近に感じてもらえたら」と期待する。
_一番乗りで体験をした上田龍信君は「植え付けから参加して一番楽しかったのは収穫。量ってみたら281㌘でピタリ賞まで1㌘だった」と話す。姉の華澄さんは、松村さんから100点と褒められ、「間引き作業は大変だったけれど、和菓子を作る機会も珍しくて楽しかった」とうれしそうな様子。
_主催者団体の一つ、NPO法人「ALIVELAB(アライブ・ラボ)」代表の上田啓人さんは「作物の植え付けから和菓子作りまで体験する機会はなかなかない。今後も、一貫して取り組むことで、自分たちが携わったものに愛着を感じてもらいたい」と話している。

写真説明上=「今後も続けられる限りはこのプロジェクトに参加したい」と枝川さん
写真説明中=自分たちが植えた場所でイチゴを収穫。「ぜんぶ楽しかった」と大浦すみれさん
写真説明下=松村さんからイチゴもなかの作り方を教わる上田華澄さんと龍信君

20190304-1

 

 

 

 

 

20190304-2

 

 

 

 

 

 

20190304-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈特集〉平成から新時代へ

_ 「平成」が間もなく終わろうとしています。皆さんにとって、平成の30年間はどんな時代でしたか。今号では、若手農業者さんに、平成を振り返るとともに、新時代への期待や抱負について聞きました。

がむしゃらだった創業期
激動の時代をチャンスに

徳島県小松島市  樫山 直樹さん

_平成14年に父が樫山農園を創業した時に、アメリカで2年間の農業研修を経て就農しました。
思い返せば、創業期は本当にがむしゃらにやったという感想ですね。樫山農園でしか作れない高糖度のフルーツトマトを目指して、研究を重ね、施肥を機械化するなど、樫山農園流の徹底した栽培管理を確立しました。
_樫山農園の理念でもあるんですが、地域を支えるんだという使命感を持って農業に取り組んできました。
昨年9月に代表取締役に就任しました。これからの時代は、TPP11や欧州EPAなど、農業も激動の時代を迎えることになりますが、ピンチとチャンスは表裏一体だと思っています。チャンスを生かすために、より付加価値の高い農産物を提供するなど、この環境の中で経営者としてできることを精いっぱいやるだけです。

アジア市場への参入
_具体的な戦略としては、「珊瑚樹(さんごじゅ)」というブランドでフルーツトマト栽培を行っていますが、今年から規模拡大をして収益性を高めていきたいですね。
_また、アジアで急速に発展している国も多いので、そういった国々のマーケットに参入して受け入れられる農産物を提供していきたいです。

▽有限会社樫山農園=フルーツトマト70㌃(水耕栽培)、水稲55㌶、裸麦10㌶、大豆4㌶、コマツナ(農薬不使用)50㌃、菌床シイタケ1万8千菌床

写真説明=「樫山農園が誇るフルーツトマトは、さらに収益性を高めていきたいですね」

20190303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪輝く女性たち≫ 施設園芸で自立目指す

野村 祐佳さん
(のむら・ゆか★アスパラガス(園芸施設)約22㌃、菜の花15㌃★45歳★徳島県阿南市)

「自分の力で何かをやってみたい」という思いから就農して2年目。アスパラガスと菜の花を栽培し、同世代の女性の雇用を目指す。

◆    ◆

――就農のきっかけは?
_元々農業への興味はあって、就農前の約2年間、トマト生産団体で研修をしました。その合間を縫って、自分で作るならどんな作物がいいかを調べました。園芸施設を使って栽培したいと思い、周りに相談しながら最終的にアスパラガスに決めたんです。このハウスも周りの方々が話をまとめてくれ、借りられました。

――本格的に農業に向かい合った感想は?
_とにかく段取りが難しいです! 夫は会社員なので、夫婦で農業をすることは考えていません。就農時の目標で、同世代の女性を雇用したいと思う気持ちがありました。一人で作業するには多い22㌃のハウスを借りたのもそれを見越してのこと。今は、パートタイムで働いてくれる方が数人いますが、それでもまだ慣れないことばかりをするのは骨が折れます。
去年の冬から収穫を始めた菜の花はうまくいきましたが、アスパラガスはこれからで、分からないことばかり。周りの方に相談しますが、その人によってアドバイスが違うことが少なくないので、どれが自分の栽培に合っているのかを考えるのも難しいです。

――将来の展望は?
_完全に自立したいです。そして自由な時間が少しできればいいな。自分が作る作物に付加価値をつけたいとか、同世代の女性の雇用や福祉用食品への6次化を目指すとか、目標はたくさんあります。そのためにはまず、きちんと栽培できるようになって、少しでも早く軌道に乗せたいですね。

写真説明=「有機を取り入れた栽培を目指しています」と野村さん

20190302

 

 

 

 

 

 

体験教室を開講 養蚕の魅力アピール

 _「養蚕の文化・技術を絶やしたくないんです」と話す美馬市美馬町の前田清子さん。夫の豊太郎さんと2003年11月に自宅の蚕室を改築した蚕糸記念館をオープンした。館内には養蚕に関する資料・作品の展示のほか、はた織りなどの体験教室も開いている。
_前田さんは「繭玉が必要なため、知り合いの農家に協力を依頼して養蚕を再開してもらった」と話す。
体験教室では、繭玉からシルクができる工程を体験でき、その繭玉を使用したシルクのランプシェードを作ることができる。参加していた生徒からは、その美しい仕上がりに驚きの声があがっていた。LEDの照明器具にシェードをかぶせると、時間とともにさまざまな色を映し出す。作品は1時間ほどで完成する。
_かつて養蚕が盛んだった美馬市。前田さんは「この教室を通して蚕の魅力を再発見してほしいですね」と話している。

▽問い合わせ=美馬蚕糸館(美馬市美馬町谷口5の1)▽営業時間=午前9時~午後5時(平日のみ)▽電話090(2781)0029

写真説明上=「繭から生糸や絹織物を作る体験や学習を通じて蚕業の魅力を発信したい」と前田さん
写真説明下=LEDの七色の明かりを楽しむことができるシルクのランプシェード

20190301-1

 

 

 

 

20190301-2

 

 

 

 

 

 

 

 

ブロッコリーを柱に拡大と法人化に意欲

徳島県吉野川市 安部 健司さん

効率化へ大型農機導入
出荷箱変更で鮮度維持

_農業を継ぐために脱サラし、2017年1月に独立した吉野川市山川町の安部健司さん。「農作業をする祖父や父の姿を見ていたので、農業を継ぐことには抵抗はなかったし、魅力を感じていた」と話す。現在、ブロッコリー2㌶を中心に、米(主食・飼料用米)3・8㌶、白ネギ10㌃、そのほかトウモロコシ、ナスなどを栽培。大型機械を導入し、規模拡大と法人化を目指している。

_安部さんは36歳まで県外で働き、徳島に帰ってきてからも勤めながら農業を手伝っていた。「ブロッコリー栽培のために農機具を購入したが、一日頑張って植えても20㌃程度。1日1㌶植えられる大型機械の導入を予定している。植えるスピードが速まる分、今年から面積を3~4㌶へ増やしていきたい」
_現在、JA麻植郡ブロッコリー部会副部会長の安部さんは、主にJAと産直市に出荷している。 「ブロッコリーは水分を保つ必要があり、段ボール箱に詰めて出荷していたが鮮度が落ちるのが早く、ほかの地区を参考に、発泡スチロール箱に変えるようJAにお願いしたら協力してくれた」。発泡スチロール箱にブロッコリーと氷を入れて出荷すると鮮度が格段に上がり、市場も「これなら高く売れる」と喜んでいるという。
_安部さんは、吉野川市農業後継者会にも所属する。「昔の農家は横のつながりがなかった。後継者会や近所の同世代の方との情報交換が大事。やり方を聞いてお互いを刺激できて楽しいし、先輩もいて相談し合えるのがいい。分からないことははずかしいことではなく、聞くことが大事だ」
_ブロッコリーの収穫は、9月中旬から6月上旬までで、今の時期の品種は「アーサー」が2月まで、3月からは「クリア」の収穫が始まる。 安部さんは「夏場の高温期は、ブロッコリーの形が乱れ、色がきれいな緑にならない。夏季はトウモロコシやナスを栽培している。今年からオクラも栽培しようと考えている」と話す。 さらに「法人化を目指している。栽培面積を増やして、人が雇えるようになれば販路拡大も期待できる。農家って大変だろうと心配する人もいるが、やればやるだけ返ってくるものだ。今は、高校生と中学生の息子2人が合間に手伝ってくれるので助かっている。農業の良さを伝えたい」と笑顔で話してくれた。

20190204-1

 

 

写真説明=山川町の山瀬小学校の児童約60人が手植えと機械植えを体験したブロッコリー畑。もうすぐ収穫時期を迎える

 

20190204-2

 

 

 

 

写真説明=「発泡スチロール箱にブロッコリーと氷を入れて出荷すると鮮度が格段に上がった」と話す安部さん

 

 

 

〈旬の味もう一品〉 切り干し大根のかきまぜずし

徳島県上勝町 野田由香さんが紹介

_「切り干し大根は、大根突きで作ったものと、小口切りの2種類を作っています」と話す上勝町の野田由香さん。小口切りの切り干し大根は、自宅で食べるかきまぜずし用で、突いたものより歯応えがあるのが野田さん好みだという。
_切り干し大根は、1週間くらい天日干しすると水分が減り、うま味や栄養が凝縮される。旬の時期には、地元の産直市に出品するほか、地元の保育園や小・中学校の給食にも使用されているという。
_野田さん宅でも、この時期、切り干し大根を使った一品がよく食卓に並ぶ。「かきまぜずしは、切り干し大根だけでなく、ニンジン、ユズ酢、米も自家製です。煮つけにも入れますが、作るときには多めに作ってしまいますね。野菜は大きいものより小ぶりなものが好まれるようなので、ニーズに合わせたものを栽培しますが、自分で料理するときには盛りだくさんにしてしまいますね」と笑顔で話してくれた。

◎レシピ
◇材料(約6人分)
〈酢飯〉
米……5合
ユズ酢……100cc
塩……大さじ1程度
〈具材〉
切り干し大根……乾燥した状態のもの100㌘(水で戻して倍量くらいになったものを使う)
ニンジン……3本
平天(練り物、天ぷら)……5枚
〈調味液〉
しょうゆ……100cc
みりん……20cc
砂糖……25㌘
酒……少々
ダイコンの葉……塩ゆでして、みじん切りにしたもの……適量

◇作り方
(1)具材を適当な大きさに切り、調味液で炊く。
(2)米を炊き、ユズ酢・塩を加え、酢飯を作る。
(3)(1)と(2)を混ぜ、ダイコンの葉をちらす。

20190203-2

 

 

 

 

 

 

20190203-1

 

 

 

 

 

 

写真説明上=かきまぜずしには「おでん大根」を小口切りにした切り干し大根を使用
写真説明下=大根突きで作ったもの(左)と小口切りの2種類の切り干し大根を手に野田さん