カテゴリー別アーカイブ: 新聞(共通)

〈輝く女性たち〉〝味のある野菜〟を作りたい

豊崎 舞 さん

★阿波市阿波町★ホウレンソウ、ナノハナ、アレッタ、スナップエンドウなど12~13品目100㌃)

*阿波町で農園「味菜園」を夫婦で営む豊崎さん。屋号は「甘い野菜がおいしいとよくいわれますが、甘味だけでなく、その中に酸味や苦味などの野菜本来の持つ味を出したい、〝味のある野菜〟を作りたいという二人の思いが込められているんです」という。
*阿波市・吉野川市の若手女性農業者で結成された「阿波スピカ」や、農林水産省が推進する「農業女子プロジェクト」に参加するなど、オンライン勉強会や情報交換などにも積極的に取り組んでいる。
◆    ◆
――就農のきっかけは?
*夫が長期間にわたり体調を崩したことがきっかけです。当時、会社員で育児休業中だったのですが、農園をそのままにできないし、主人が元気になったとき引き継げるように守っていこうと覚悟を決めました。退職後、NPO法人とくしま有機農業サポートセンターで半年間学び、本格的に農業に取り組みました。
――どんな取り組み?
*SNS(会員制交流サイト)などで情報発信をしています。圃場の様子や収穫した野菜が食卓に上がったときの写真など、農業の日常の一コマを目にしてもらえたらと思っています。
*個別宅配サービスをはじめとした取引先のうち、新たな販路を開拓したこともあり、前職のスキルというか、強みを生かすことができたと思っています。
――これからの目標は?
*どちらかが主で農業を行うというよりも、支え合いながら2本柱でやっていきたいです。二人とも現場が好きで、ずっと土を触っていたいという思いがあります。日々学びと実践。大きく広げていくよりも、目の届く範囲で品質の良い野菜を安定的に作っていけるようにしていきたいですね。

写真説明=「土作りが一番難しいので、土壌分析をして、前作との兼ね合いやバランスを、微調整を加えた施肥計画を二人で相談しながら立てています」と豊崎さん

 

 

 

 

 

 

 

働き方改善、6次化推進 「勝占いちご」を盛り立てたい

* 東日本大震災をきっかけに、2011年10月、東京から徳島市大原町に帰郷し、家業のイチゴ農家を継いだ有限会社西岡産業取締役の西岡さち子さん。「当時、コンビニなどから食べ物が消えて、食の大切さに気付きました。食べ物を作る仕事っていいなあと思い、子育てにも適していると考えて決断しました」と振り返る。
* 西岡さんは「おいしく、安全で、喜ばせられるもの、自分の子どもに食べさせたいものを作ること」を基本にイチゴ栽培に励む。
* 就農後にまず手掛けたのは、栽培一辺倒で無理を重ねる労働状況の見直しだった。作業の集中時や収穫適期を予測することで働き方を改善し、買い手の要望を考慮するなど売り方も工夫した。知人の声をきっかけに西岡さんの母特製のイチゴジャムを販売するなど、6次産業化も進めた。
* 「SNS(会員制交流サイト)なども活用してイチゴ栽培の様子を知ってもらい、特産『勝占いちご』を産地のみんなで盛り立てていきたい。個人の名を冠するのではなく、勝占いちごが認知され、選ばれるイチゴになるようにこれからも取り組んでいきたいです」と意気込む。
* 商品の一つ「冷凍勝占いちご」は、?本全国の優れた産品を発掘・表彰する「フード・アクション・ニッポンアワード2020」入選100産品に選定されている。

写真説明=「赤い実を収穫するのがとにかく楽しい」と西岡さん

なると金時 ブランド維持へ家族経営の強み 技術を検証する余裕を創出

***鳴門海峡近くの海のミネラルを多く含んだ砂地と、温暖で降水量の少ない気候が、「なると金時」の高い糖度を生み出す。鳴門市大津町の尾原健一さんは、両親と妻、息子の孝嘉さんの3世代で、なると金時を栽培。家族経営の強みを生かし、畑ごとに植え付け期を変え出来栄えを比較するなど、品質の向上に余念がない。
◆                     
* 同市で栽培されたサツマイモは「なると金時」というブランド名を冠され、主に関西圏で多く消費されている。「安納芋」がしっとりした味わいであるのに対し、なると金時はホクホクとした食感が特徴で、天ぷらや焼き芋など用途は幅広い。「皆さんの好みに応じた食べ方をして、その味を楽しんでほしい」と尾原さん。
* なると金時の品質維持の裏には、並々ならぬ研鑽の跡がある。新たに開発された農業資材なども取り入れているが、畑の環境にそれが合致しているかは、試しながらになるという。尾原さんは「より良い方法は常に模索しているが、品質低下を招くような妥協は一切しない」と話す。
* 尾原さんがそのような手間暇をかけられる背景には、経営をともにする家族の存在がある。現在の3世代営農は、人手の数なら近隣のサツマイモ農家の中でも随一だ。特に、2019年に農業大学校を卒業して営農に加わった孝嘉さんの影響は大きく、「仕事に余裕が生まれ、できることが増えて栽培面積は拡大した」と話す。
* 従業員を雇用するのも良いが、ハウス栽培などと異なり、天候などで就労時間が左右される畑作では、「やはり家族経営の方が融通が利き、作業に集中できる」という。孝嘉さんは農業大学校で学んだことを生かし、経営のさらなる好転に意欲的だ。

写真説明1=「おいしいと言ってくださる消費者さんの声が何よりもうれしい」と健一さん
写真説明2=サツマイモをサイズ別に選別する孝嘉さん

ナシの剪定は祖母直伝 1枝4個の良果追求

*    祖父母からナシの園地を受け継いで7年目になる松茂町の高山慎司さん。父と2人で約70㌃の園地に「幸水」と「豊水」を栽培している。
* 就農当時、剪定方法は主に祖母から教えてもらったという。「幸水は大玉になるよう、1枝に4個ぐらい。1本の樹で果実100個を目安に」と、収穫期をイメージしながら作業している。
* 「松茂町の幸水は大玉で甘いのが特徴。果実や葉ができるだけ重ならないように、枝と枝のスペースを意識して棚に誘引しています」と高山さん。部会の集まりや各講習会に積極的に参加し、栽培技術の向上に努めている。
* 「大阪で勤めていたときよりも、1人でできる今の仕事の方が自分に合っている。2年後、3年後まで残したい枝や収穫期のことを考えて黙々と剪定していると、時間を忘れてしまうこともある」と、ナシ栽培にやりがいを感じている。
* 「園地の樹が老齢化してきているため、若木に徐々に更新していきたい。今のペースを維持しつつ、余裕ができれば規模拡大をしてみたい」と話してくれた。

説明=誘引する枝を選ぶ高山さん

段取り考え事前点検 / 次に生かす事後点検

* 事故を防ぐには、点検を意識づけることが最も大切です。
* 作業前の点検では、これから農機具を使うぞという意識、また以後の段取りを考え、ライトや方向指示器の点灯、燃料の残量などを点検していただきたいですね。
* 作業時は、ヘルメットまたは帽子を着用し、服装では、特にひもはワイヤなどに思わずひっかかることがあるので注意しましょう。
* 特に意識づけしてほしいのは、事後の点検です。余裕ができたときにでも、今回の作業を思い出し、いつもと違う音や動き、ヒヤリとしたところ、動かしづらくなって困ったところを振り返ることで、安全に対する意識が強まると思います。
* どこを整備しておけば、次に使うときにスムーズに使用できるか考えるのも大切です。洗車、グリスアップ、燃料を満タンにしておくことなどで次回の作業にスムーズに取り掛かれます。
違和感あれば相談を
* 徳島県は稲作だけでなく畑作も多いので、農機具の稼働時間は長い傾向にあります。だからこそ適期に稼働できるのが大事なので、少し違和感がある程度でも、事前に相談していただいた方が大事に至らずにすみます。
* より注意が必要なのは、作業中よりも出入り口や、少し中断しようとしたときなどです。エンジンをかけたまま降りたり、まっすぐ入らないで斜めに入ってしまったりするのは危険です。
* また、どんなに気をつけていても事故は起こり得るので、備えとして農機具共済に加入しておけば安心ですね。農機具を売るだけではなく、使わなくなるまで面倒をみるものと思っているので、「あれ?」と気づいたときは早めに相談・修理して、長く安全に使っていただきたいですね。
***    ****      JA全農徳島県本部生産資材部農業機械課技術主管 橋本芳和さん

写真説明1=冷却水やバッテリーなどを点検しましょう
写真説明2=オイルの残量を確認しましょう
写真説明3=オイル漏れがないかチェックしましょう

食品ロス解消、地産地消に一役 「きゅうりとチーズのくるくるロールかつ」

*食品ロスの解消と地産地消の推進のため、地元海陽町特産のキュウリのフルコースを考案した海部高等学校エシカルクラブ。坂東美愛顧問の指導の下、「きゅうりのフルコース」を載せたリーフレット「きゅうりのレシピ集」を作成し、町内のスーパーなどに置いている。
*2019年、エシカルクラブで見学した「きゅうり塾」で、キュウリは生育スピードが早く、ときには半日で規格外になるということを知った部員たち。キュウリのさまざまな食べ方を提案することで、地産地消と食品ロスの解消につながるのではないかと、キュウリのフルコース作りに取り組んだ。
*当時1、2年生の夏休みの宿題でレシピを提案してもらい、そこから6人の部員でメニューを選出した。「おいしくて、バランスがとれるメニューを作るのが難しかったです」と前部長の久保健太さん。中でも好評な「きゅうりとチーズのくるくるロールかつ」のレシピを紹介してくれた。
◆材料(1人分2個)
▽きゅうりとチーズのくるくるロールかつ=キュウリ1本、豚肉薄切り4枚、スライスチーズ1枚、薄力粉適量、卵適量、パン粉適量、塩適量、こしょう適量
▽きゅうりソース(作りやすい量)=キュウリ2分の1本、しょうゆ大さじ3、リンゴ酢大さじ1・5、砂糖大さじ1・5、すりごま適量、ごま油少量
◆作り方
〈1〉キュウリをピーラーで薄く切る。塩でもみ、しんなりしたら、手で水分をある程度搾る。
〈2〉豚肉を2枚広げて、塩こしょうを軽く振る。その上に〈1〉を2枚とスライスチーズを半分のせて、くるくると巻く。
〈3〉薄力粉、卵、パン粉の順に付け、170度程度の油で揚げる。
〈4〉キュウリをすりおろし、しょうゆ、リンゴ酢、砂糖、すりごま、ごま油を混ぜ合わせ、きゅうりソースを作る。
〈5〉キュウリを千切りにし、横に添える。

写真説明1=きゅうりとチーズのくるくるロールかつ
写真説明2=「できるだけ廃棄物が出ないように工夫しました」と久保さん(中央)

 

 

爽やか まろやか 美郷の梅酒 生産量落とさずファンに応える

* 吉野川市美郷にある梅酒製造所「徳長梅酒製造場」では、ブランデーベース・芋焼酎ベースなど、酒類に合わせて梅の品種を変えた梅酒を計2千㍑漬け込む。代表を務める徳長大樹さんのお薦めは、「なると金時」を使った芋焼酎ベースの「トクロング」。梅の爽やかな酸味が口いっぱいに広がり、芋のまろやかな甘味と香りが鼻に抜ける。それぞれが互いの良さを引き立たせあう、徳島らしさを感じることができる逸品だ。

* 勤めていた会社を2015年に辞め、梅酒特区の美郷地区に徳長梅酒製造場を構えた徳長さん。美郷の梅酒のおいしさに魅了され移住を決めたという。大きな決断をした当時の気持ちを「会社勤めも自営業も、どちらもリスクはつきものだと思っています。それなら好きなことをしようと考え行動に移しました」と振り返る。
* 妻の杏実さんは、新しい環境での生活について「会社勤めをしているときより一緒にいる時間が増えたので、家族仲がもっと良くなりました。支えてくれるご近所さんもいて、いい場所に来たなと感じています」と前向きに話す。
* 「日本一小さい梅酒造」を称する製造場では、商品のアイデアを家族が出し合う。酸味控えめが好みという杏実さん向けに、甘口梅酒「Tokunaga umechu(とくながうめちゅ)」を考案した。ラベルデザインと命名は杏実さんが手掛けた。
* 新型コロナウイルスの影響で販売数の減少が懸念されたが、生産量はあえて落とさなかった。負けたくないという強い気持ちを持っていたからだ。
* 徳長さんの梅酒は、ふるさと納税の返礼品としても人気で、新酒のお披露目を毎年楽しみに待っているファンが県内外にいる。
* 「アルコールは嗜好品なので、極論を言えば無駄なものかもしれない。しかし、無駄のない生活は寂しく、生きてはいけるが味気のないものになる」という思いを込めた徳長さんの梅酒は、日常にささやかな彩りを添えてくれる。

写真説明1=商品を手に徳長さん家族
写真説明2=左から、ブランデーベース「TOKAMI」、焼酎ベース「EMITAME」、芋焼酎ベース「トクロング」、アルコール度数控えめ甘口梅酒「Tokunaga umechu」

イチゴの品質向上へ地域全体で情報共有

* 「おいしいイチゴを作るため、日々の努力は欠かせません」と話すのは、阿南市那賀川町でビニールハウスでイチゴの土耕栽培に取り組む大喜敏憲さんと賀代子さん夫妻。
* 地元の川北イチゴ部会の代表を務めている賀代子さんは、地域の品質向上に気を配っている。「部会のみなさんと情報交換をすることが大事。育苗の段階での病気の対策方法や病気になってしまったときの対応などの情報を共有しています。そうすることで地域全体の品質向上につながっています」と賀代子さん。
* 2017年からは、規定より大きいサイズの枝付きのイチゴを、緩衝材を使って梱包して販売するなど、さまざまな工夫をしている。息子の正彦さんと幸子さん夫妻が作業を手伝っていることもあり、規模拡大について話し合っているという。
* 敏憲さんは「新しいことに挑戦するのは大変だが、多くの人に川北イチゴのおいしさを知ってもらいたい」と話してくれた。

写真説明=一番果最後の収穫をする大喜さん夫妻と正彦さん

お世話になります ~品質向上への取り組みを優先

* 阿南市下大野町でNOSAI部長・水稲損害評価員を務める田村拓生さん。両親とともに水稲、ニンジン、ホウレンソウを中心に、一年を通して夏野菜・冬野菜を栽培し、地元スーパーの産直市に出荷している。
* 「作物の生育状況をよく観察するように気を配ってます。新しい作物の栽培にチャレンジするよりも、今作っている作物の品質向上にさらに取り組みたい。しばらく雨が降っていないので、ニンジンの種がまけないのは気になります」と田村さん。
* 「漫画を読んだりパソコンを組み立てたりするのが、忙しい農作業の合間の息抜きになります」と笑顔で話してくれた。
* ▽徳島県農業共済組合南部支所▽NOSAI部長・損害評価員歴21年▽担当戸数7戸    **    ▽水稲130㌃、ニンジン10㌃、ホウレンソウ10㌃、その他野菜50㌃