農作物共済

農作物共済

 https://www.nosai-tokushima.jp/wp-admin/edit.php?post_type=page

_米政策の見直しや収入保険制度、ナラシなどの経営所得安定対策が任意加入となっていることから、

農業者が加入を選択できる「任意加入制」に移行します。

対象となる作物

水稲・麦(合計面積が10a以上耕作している農業者)

対象となる災害

気象上の原因による災害・病虫害・鳥獣害、火災

共済責任期間(補償できる期間)

本田移植期(水稲直播・または麦の場合は発芽期)から収穫まで

加入申込期間

申込期間 地域名
1月25日から3月15日まで 海部郡・阿南市・小松島市
2月5日から3月25日まで 徳島市・阿波市・鳴門市
2月15日から3月25日まで 那賀町・板野郡・吉野川市・美馬市・美馬郡
2月25日から4月15日まで 勝浦郡・名東郡・名西郡
3月15日から5月6日まで 三好市・三好郡

加入方式・補償割合

_〇一筆方式________7割・6割・5割
_〇半相殺方式_______8割・7割・6割
_〇全総裁方式_______9割・8割・7割
_〇地域インデックス方式___9割・8割・7割

共済金額・補償割合

【一筆方式】【半相殺方式】
1Kg当りの共済金額 X 耕地ごとの基準収穫量 X 補償割合
【全相殺方式】
1Kg当りの共済金額 X 過去5年の出荷量の平均を基にした収穫量の合計 X 補償割合
【地域インデックス方式】
1Kg当りの共済金額 X 市町村ごとの統計単収の平均を基にした収穫量の合計 X 補償割合

共済掛金

共済金額(補償金額) X 共済掛金率
掛金の約半分は国が負担しています。

共済金の支払い

【一筆方式】
耕地ごとの基準収穫量の3割(4割、5割)を超える被害があった場合に支払います。
【半相殺方式】
耕地ごとの基準収穫量の2割(3割、4割)を超える被害があった場合に支払います。
【全相殺方式】
耕地ごとの基準収穫量の1割(2割、3割)を超える被害があった場合に支払います。
【地域インデックス方式】
市町村ごとの統計単収が基準単収(※)の1割(2割、3割)を超える被害があった場合に支払います。
(※)市町村における統計単収の過去5年間の中庸3か年平均