家畜共済

家畜共済

乳用牛・肉用牛・一般馬及び 種豚 は、飼養している全頭を加入していただく事となります(ただし特別の事由がある場合は個別共済で加入できます)が、種雄牛および種雄馬については一頭ずつの加入となります。
また肉豚については群単位引受方式と農家単位引受方式のいずれかの選択となります。

 家畜種類ごとの加入年齢はこちら

対象となる事故は

死亡(と殺は除かれます)、廃用、疾病および傷害が対象となります。

 対象となる事故はこちら

共済責任期間(補償できる期間)は

共済掛金を納入いただいた翌日から1年間です。
ただし、肉豚共済(群単位 引受方式)における飼養区分ごとの引受のものについては、生後20日(又 は離乳した日)から、生後第8カ月末日までです。

共済金額(補償金額)は

補償期間の開始時における共済価格(対象家畜種類ごとの評価額の合計)に
組合が定めた最低割合 ~80%の範囲で選択して加入いただけます。

共済掛金(掛金)は

共済掛金は次のような計算式で算定されます。
なお、共済掛金率は過去の 3年間の事故率を基に定められます。

共済掛金の額=共済金額 × 共済掛金率

共済金の支払い

【死廃事故】
死亡・廃用事故に対する支払共済金の算定は次のようになります。

支払共済金=
(事故家畜の価格-廃用家畜の評価額又は、肉皮等の残存物価格・補償金等)×
(共済金額/共済価格)

【病傷事故】
定められた額までは無料で治療を受けることができます。
(ただし、定められた額を越えたとき及び初診料については、 診療費をいただきます。)