家畜共済で補償対象となる事故

家畜共済で補償対象となる事故

家畜共済で補償対象となる事故

事故の種類 説明
死廃事故 加入家畜が死亡したとき。ただし、「と殺」による死亡は除かれます。(妊娠240日以上の繁殖肉用牛の死産を含む。) 病気やけがのために、1~2日で死亡すると獣医師に診断されたとき。獣医師から治らないと言われ使用価値を失ったとき。盗難等の理由により行方不明(30日以上生死不明)になったとき。
病傷事故 加入家畜が病気やけがをしたとき。

包括共済(豚にあっては特定包括共済のみ)においては、事故の一部を共済事故から除外して加入することができます(この場合、除外に見合う共済掛金が割引されます)。
事故除外を選択して加入(事故の一部を共済事故から除外して加入)した場合は、除外した事故は支払い対象とはなりません。

包括共済対象家畜の種類と事故除外できる組合員の資格

包括共済対象家畜の種類 事故除外できる組合員の資格
乳牛の雌等 共済掛金期間開始時の有資格頭数が6頭以上であって、かつ5年以上継続して飼養している方
肉用牛等種雄馬以外の馬、種豚 5年以上継続して飼養している方
肉豚 共済掛金期間の開始時の有資格頭数が200頭以上あって、かつ5年以上継続して飼養している方

除外できる共済事故と包括共済対象家畜の種類

 除外できる共済事故 包括共済対象家畜の種類
ア.火災、伝染病(法定伝染病および届出伝染病)または自然災害による死廃事故以外の死廃事故 乳牛の雌等、肉用牛等、種雄馬以外の馬、種豚
イ.火災,伝染病(法定伝染病および届出伝染病)または自然災害による死廃事故以外の死廃事故および病傷事故の全部 乳牛の雌等、肉用牛等、種雄馬以外の馬、種豚
ウ.行方不明に係る廃用事故以外の廃用事故 肉用牛等
エ.行方不明に係る廃用事故以外の廃用事故および病傷事故の全部 種豚
オ.病傷事故の全部 乳牛の雌等、肉用牛等、種雄馬以外の馬、種豚
カ.火災、伝染病(法定伝染病、豚エンテロウイルス性脳脊髄炎およびニパウイルス感染症)または自然災害による死亡事故以外の死亡事故 肉豚