畑作物共済

畑作物共済

対象となる作物は

「大豆」です。

加入するには

5a以上栽培している農家。特殊な栽培は加入できません。

対象となる災害は

気象上の原因による災害、病虫害、鳥獣害、火災です。

共済責任期間(補償できる期間)は

発芽期から収穫までです。移植した場合は、移植期から収穫期までです。

加入していただける方式は

【一筆単位方式】【半相殺方式】のどちらかを選んでください。

共済金額(補償金額)は

【一筆単位方式】 = 1kg当りの選択補償金額×耕地ごとの基準収穫量の7割
【半相殺方式】   = 1kg当りの選択補償金額×耕地ごとの基準収穫量の合計の8割

共済掛金(掛金)は

共済金額(補償金額) × 共済掛金率(掛金率)

共済金の支払い

加入方式によって違います。
【一筆方式】
耕地ごとの減収量が、その耕地の基準収穫量の3割を超える被害があった場合に支払います。

【半相殺方式】
耕地ごとの減収量の合計が、その組合員等の耕地ごとの基準収穫量の合計の2割を超える
被害があった場合に支払います。
※ 災害により発芽不能や移植不能となった場合も支払い対象となります。

※発芽不能
播種後、その地域における通常の時期に発芽しなかった場合をいいます。
※移植不能
本田移植期において、移植準備中に共済事故により本田が流失、埋没した場合や苗代が被害を受けて移植できなかった場合。また用水が不足し、明らかに生育不可能と認められた時に移植して枯死した場合。津波、高潮等により海水が侵入し、活着の見込みがない場合など客観的にみて移植が不可能と認められる場合をいいます。

無事戻し

過去3年間、被害がないか、極めて少なかった場合には、最大で掛金の半分が無事戻しされます。
【無事戻し金】=(3ヵ年の支払い掛金×1/2)-(過去3ヵ年の共済金)-(過去2ヵ年の無事戻し金)