反社会的勢力に対する基本方針について

反社会的勢力に対する基本方針について

反社会的勢力に対する基本方針

 徳島県農業共済組合(以下「当組合」といいます。)は、事業を行うにあたって、平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会申合せにおいて決定された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」等を遵守し、反社会的勢力に対して断固とした姿勢で臨むことを宣言します。

 

1.当組合は、社会的責任を踏まえ、反社会的勢力と一切の関係を持たず、反社会的勢力による不当要求に応じません。

2.当組合は、反社会的勢力からの不当要求に対し、民事及び刑事の両面から法的対応を行うものとし、当該要求の理由の如何に関わらず、一切、要求に応じないものとします。

3.当組合は、平素から、警察、弁護士等の外部専門機関との緊密な連携関係を構築し、国及び地方公共団体が実施する暴力団排除に関する施策に協力するよう努めます。

4.当組合は、反社会的勢力への対応を講ずるに当たって、反社会的勢力に対応する役職員及び関係者の安全を最優先し、組織的に対応します。 ※ 「反社会的勢力」とは、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」に記載される集団または個人を指します。

徳島県農業共済組合