ブロッコリーを柱に拡大と法人化に意欲

ブロッコリーを柱に拡大と法人化に意欲

徳島県吉野川市 安部 健司さん

効率化へ大型農機導入
出荷箱変更で鮮度維持

_農業を継ぐために脱サラし、2017年1月に独立した吉野川市山川町の安部健司さん。「農作業をする祖父や父の姿を見ていたので、農業を継ぐことには抵抗はなかったし、魅力を感じていた」と話す。現在、ブロッコリー2㌶を中心に、米(主食・飼料用米)3・8㌶、白ネギ10㌃、そのほかトウモロコシ、ナスなどを栽培。大型機械を導入し、規模拡大と法人化を目指している。

_安部さんは36歳まで県外で働き、徳島に帰ってきてからも勤めながら農業を手伝っていた。「ブロッコリー栽培のために農機具を購入したが、一日頑張って植えても20㌃程度。1日1㌶植えられる大型機械の導入を予定している。植えるスピードが速まる分、今年から面積を3~4㌶へ増やしていきたい」
_現在、JA麻植郡ブロッコリー部会副部会長の安部さんは、主にJAと産直市に出荷している。 「ブロッコリーは水分を保つ必要があり、段ボール箱に詰めて出荷していたが鮮度が落ちるのが早く、ほかの地区を参考に、発泡スチロール箱に変えるようJAにお願いしたら協力してくれた」。発泡スチロール箱にブロッコリーと氷を入れて出荷すると鮮度が格段に上がり、市場も「これなら高く売れる」と喜んでいるという。
_安部さんは、吉野川市農業後継者会にも所属する。「昔の農家は横のつながりがなかった。後継者会や近所の同世代の方との情報交換が大事。やり方を聞いてお互いを刺激できて楽しいし、先輩もいて相談し合えるのがいい。分からないことははずかしいことではなく、聞くことが大事だ」
_ブロッコリーの収穫は、9月中旬から6月上旬までで、今の時期の品種は「アーサー」が2月まで、3月からは「クリア」の収穫が始まる。 安部さんは「夏場の高温期は、ブロッコリーの形が乱れ、色がきれいな緑にならない。夏季はトウモロコシやナスを栽培している。今年からオクラも栽培しようと考えている」と話す。 さらに「法人化を目指している。栽培面積を増やして、人が雇えるようになれば販路拡大も期待できる。農家って大変だろうと心配する人もいるが、やればやるだけ返ってくるものだ。今は、高校生と中学生の息子2人が合間に手伝ってくれるので助かっている。農業の良さを伝えたい」と笑顔で話してくれた。

20190204-1

 

 

写真説明=山川町の山瀬小学校の児童約60人が手植えと機械植えを体験したブロッコリー畑。もうすぐ収穫時期を迎える

 

20190204-2

 

 

 

 

写真説明=「発泡スチロール箱にブロッコリーと氷を入れて出荷すると鮮度が格段に上がった」と話す安部さん