〈人生楽しく〉 自主制作テレビ番組 地元の魅力を伝えたい

〈人生楽しく〉 自主制作テレビ番組 地元の魅力を伝えたい

近田 大介さん   プロフィル◇40歳◇ハウスイチゴ26㌃、水稲50㌃◇那賀町

――テレビ番組を制作しているんですね。
_「かきまぜTV」という名前で自主制作しているテレビ番組です。2年前から地元ケーブルテレビで放映してもらっています。30分の番組ですが、企画から取材、編集まですべて商工会青年部と町内の若手有志で制作しています。

――見どころは?
_地元で働く人を紹介する「仕事人(しごとびと)」という企画が人気です。日常の仕事ぶりや本人へのインタビューを通して、視聴者に自分たちの地元である那賀町の魅力を改めて感じてもらおうというのが狙い。仕事人自身の個性や地元への思いを引き出しているので見応えはあると思っています。

――楽しみは?
_人との出会いです。僕自身会話することが好きなので、番組ではインタビュアーをしているのですが、取材先でおもしろい話が聞けたり、新しい発見があるとうれしいですね。
いろんな人と話をすることによって、自分が今どんな考えを持っているのか再確認できたりもします。なかでも、拝宮(はいぎゅう)和紙の職人さんへの取材が一番思い出深くて、職人になろうと思ったきっかけや地元への思いにめちゃくちゃ共感できて感動したことがあります。

――今後については?
_月に1本とはいえ、テレビ番組を作るのはとても大変です。本業の合間に取材に行ったり、夜中まで打ち合わせをしたり。特に編集にはいつも悩まされますが、もともと芸術やデザインには興味があったので楽しんでやっています。
_編集の少ないラジオ番組をいつか始めてみようかとあれこれ頭の中で模索中です。

写真上=「人との出会いが楽しみです」と近田さん
写真下=「かきまぜTV」。中央が近田さん

20181104-1

 

 

 

 

 

 

20181104-2