Vol.5 なによりも消費者の笑顔が

Vol.5 なによりも消費者の笑顔が

Vol.5   農業共済新聞四国版 7月1日発行号

吉野川市 あぐり工房美郷 後藤田博之さん・久美子さん

 

ゲンジボタルが生息する清流、川田川の上流にある吉野川市美郷。この静かな山里で、ユズとスダチを加工し、製造・販売をしているのは「あぐり工房美郷」の後藤田博之さん(56)・久美子さん(50)夫妻。スダチ75㌃、ユズ25㌃を、農薬を使わずに栽培している。
1995年ごろから、果実を加工してスダチ果汁を販売。「たくさんの人に味わってもらいたい」との思いから、2004年に起業し、他の柑橘(かんきつ)果汁を入れない「単一果汁」のスダチとユズのポン酢の加工に成功した。さらに06年には、試行錯誤の末に完成した、「すだちジュレ」「ゆずジュレ」の販売を始めた。
手搾りに近い搾汁機械を独自に開発した二人。「くどくなく、苦味のないさわやかな味わいになるんです」と話す。
現在は、関東エリアの物産展や、ふるさと農産市などにも出店しているポン酢とジュレ。地元の物産館でも好評で、リピーターも続々と増えている。
「やはり手抜きをしないのが一番大事です。消費者の笑顔がなにより大切ですから」と笑顔で話してくれた。

ポン酢とジュレを手に笑顔の後藤田さん夫妻

あぐり工房美郷 〒779-3505 徳島県吉野川市美郷字古土地197番地  TEL: 0883-43-2644